日本仏教綜合研究学会 第14回大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年12月12日(土) ~ 12月13日(日)
開催地
北海道・東北 > 山形県
会場
山形大学 小白川キャンパス[アクセス
〒990-8560 山形市小白川町一丁目4-12
メインテーマ
公式サイト
主催
日本仏教綜合研究学会
協賛・後援等
【共催】山形大学都市・地域学研究所

プログラム 日程

12月12日(土)

山形市内寺院の資料調査

見学先:慈光明院(仏壇お城の店・長門屋)
集合:慈光明院 15:00
参加費:500円
※16:30頃、ホテル送迎バスにて山形国際ホテル(懇親会会場)へ
みどころ:阿弥陀如来坐像・最上義光文書・直江兼続文書

懇親会

会場:山形国際ホテル
時間:18:00~20:00
参加費:6,000円

12月13日(日)

会場:山形大学 小白川キャンパス 人文学部301教室
参加費:1,000円

学術大会

会長挨拶 10:00~10:10

蓑輪顕量(東京大学教授)

研究報告(報告30分・質疑20分)
  • 10:10~11:00
    日宋間における菩薩戒増受に関する議論について
    大谷由香(東京大学史料編纂所共同研究員)
  • 11:00~11:50
    摂関期の疫病治療-禁忌とされてきた加持と修法をめぐって-
    小山聡子(二松学舎大学)

(昼食休憩)

シンポジウム「日本仏教における戒律を再考する」 13:00~16:00

司会:大久保良峻(早稲田大学教授)
コメンテーター:蓑輪顕量(東京大学教授)

パネリスト(発表40分、コメント10分、日本語)

  • The Background and Later Influence of Annen’s Futsūju bosatsukai kōshaku
    (安然の『普通授菩薩戒広釈』-その背景と後の影嚮)
    ポール・グローナー(ヴァージニア大学名誉教授)
  • Efforts to Revive the Vinaya during the Tokugawa Period
    (徳川時代における戒律復興運動について)
    ウィリアム・ボディーフォード(UCLA教授)
  • 関東祈祷寺と律宗
    松尾剛次(山形大学教授)

(休憩)

コメント/全体討議

総会 16:10~16:40

その他のイベント情報

PageTop