日本山岳修験学会 第37回日光学術大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年9月10日(土) ~ 9月12日(月)
開催地
関東 > 栃木県
会場
日光市日光総合会館 大ホール[アクセス
〒321-1432 栃木県日光市安川町2番47号 TEL 0288-54-1631
メインテーマ
日光山の山岳宗教-勝道・弁覚・天海-
公式サイト
http://www.sangakushugen.jp/conference.html
主催
日本山岳修験学会、同第37回日光学術大会実行委員会
協賛・後援等
【共催】日光市・日光市教育委員会・日光東照宮・日光二荒山神社・日光山輪王寺
【協賛】日光史談会・日光ふるさとボランティア・日光の古文書に親しむ会・日光和敬会・多気山修験道・那須修験昇龍講・興雲律院
【後援】株式会社下野新聞社・栃木県歴史文化研究会
備考
大会参加費 2,000円(初日のみ、巡見のみの参加でも必ず大会参加費 2,000円が必要となります)
2日目昼食代(希望者) 800円
ダウンロード

プログラム 日程

第1日 9月10日(土)

勝道上人御練供養・山伏行列
会場:旧日光市役所~日光市日光総合会館

12:30 開始(12:00より受付開始)
会場:日光市日光総合会館 大ホール

開会式 12:30~12:45

挨拶 日本山岳修験学会会長・第37回大会実行委員長

基調講演・シンポジウム

テーマ「日光山の山岳宗教-勝道・弁覚・天海-」

◆基調講演 12:50~13:50

宇高良哲(大正大学名誉教授)
「天海の修験道関係史料について」

◆シンポジウム 14:00~17:30

[パネリスト]

  • 小林崇仁(慶應義塾大学非常勤講師)
    「勝道上人の生涯」
  • 千田孝明(元栃木県立博物館人文課長・日光史談会会長)
    「弁覚と日光山の中興」
  • 中川仁喜(大正大学専任講師)
    「近世日光山と開山・中興の再定義」

[コーディネーター]
山澤学(筑波大学准教授)

第37回大会実行委員・学会役員合同会議及び日本山岳修験学会役員会 18:00~

会場:ホテル千姫物語[アクセス
〒321-1432 栃木県日光市安川町6-48 TEL 0288-54-1010

第2日 9月11日(日)

9:30開始(9:15より受付開始)
会場:日光市日光総合会館 大ホール

研究発表 9:30~17:30

総会 17:30~18:00

懇親会 18:30~20:30

会場:ホテル千姫物語
懇親会費:5,000円

第3日 9月12日(月)巡見

集合場所:ホテル千姫物語 駐車場

その他のイベント情報

PageTop