第111回 訓点語学会研究発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2014年11月2日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
東京大学 山上会館[アクセス
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 TEL 03-3818-3008(代)
公式サイト
http://www.kuntengo.com/happyo.html
主催
訓点語学会

プログラム 内容

研究発表

(10時)

  • 京都大学文学研究科図書館蔵『字鏡抄無名字書』の反切と漢文注についての考察
    中野直樹
  • 埋字と脱字 ―篆隷万象名義の掲出字数をめぐる問題―
    李媛

(13時)

  • 「まなぶ」・「まねぶ」の意味変化過程における「学」字の影響
    ジスク・マシュー
  • 中世以降の暦日表現と浄土真宗仮名聖教 ―『諸神本懐集』と親鸞消息集の『末燈鈔』を中心に―
    室井努

(14時30分)

  • 『色葉字類抄』「雑物部」の研究
    藤本灯
  • 『金光明最勝王経音義』の誤謬訂正と漢字音表記の特質
    西沢進

(16時)

  • 古代日本語における「エ段+イ」「オ段+ウ」形について
    石山裕慈
  • 「五国史」宣命コーパスの設計とその利用
    池田幸恵・須永哲矢
  • 漢字字体史の資料と方法 ―初唐の宮廷写経と日本の古辞書―
    池田証寿

会務報告

懇親会(於 東京大学山上会館)

その他のイベント情報

PageTop