「高野山開創1200年記念 高野山の名宝」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高野山開創1200年記念「高野山の名宝」

高野山が平成27年(2015年)に開創1200年の節目を迎えることを記念して、高野山に伝わる至宝の数々を公開するものです。開創にかかわる空海ゆかりの宝物から、豊麗な密教美術の原点ともいえる請来(しょうらい)の品、真言密教の教理に基づく仏像、仏画など、普段は山上にあって重厚な信仰の歴史を物語るこれらを一堂に展示します。特に、鎌倉時代、仏教彫刻界に新風を吹き込んだ仏師・運慶による国宝《八大童子像(はちだいどうじぞう)》を全躯そろって存分に鑑賞できる貴重な機会となります。

開催概要

会期
2014年10月11日(土) ~ 12月7日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
サントリー美術館[アクセス
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
開館時間
10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※10月12日(日)、11月2日(日)、11月23日(日・祝)は20時まで開館
休館日
火曜日
メインテーマ
高野山の名宝
公式サイト
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_5/index.html
主催
サントリー美術館、高野山真言宗総本山金剛峯寺、高野山文化財保存会、読売新聞社
協賛・後援等
【協賛】関西アーバン銀行・清水建設・損保ジャパン日本興亜・大和ハウス工業・南海電気鉄道・日本写真印刷・非破壊検査・三井不動産・サントリーホールディングス
備考
入館料:一般 当日 1,300円/前売 1,100円
大学・高校生 当日 1,000円/前売 800円
※中学生以下無料

関連イベント

記念講演会I「高野山の歴史と名宝」(仮称)

講師:山口文章氏
(総本山金剛峯寺執行・高野山真言宗山林部長兼宗務総長公室長)
日時:10月19日(日)14:00~15:30
会場:6階ホール
定員:100名
対象:一般
聴講料:700円(別途要入館料)
応募締切:9月28日(日)

記念講演会II「高野山と運慶・快慶」

講師:山本 勉氏(清泉女子大学教授)
日時:11月2日(日)14:00~15:30
会場:6階ホール
定員:100名
対象:一般
聴講料:700円(別途要入館料)
応募締切:10月12日(日)

その他のイベント情報

PageTop