平成26(2014)年度上代文学会秋季大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2014年11月29日(土) ~ 11月30日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
【11月29日】二松學舍大学 九段キャンパス[アクセス
〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
【11月30日】早稲田大学 早稲田キャンパス[アクセス
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
メインテーマ
シンポジウム「『万葉集』の組織をどう見るか」
公式サイト
http://jodaibungakukai.org/07_autumn.html
主催
上代文学会

プログラム 日程

11月29日(土)14:00~17:30【シンポジウム】

会場:二松学舎大学 九段キャンパス 1号館507教室

テーマ:「『万葉集』の組織をどう見るか」

『萬葉集の構造と成立』(上・下)の著者、伊藤博氏が亡くなって十年が過ぎた。
氏が精緻に明らかにした『万葉集』の「構造」は、いかにも段階的な「成立」を思わせる。しかし伊藤氏没後の研究史は、「成立」過程を推測するのではなく、『万葉集』がそのように思わせること自体、すなわち『万葉集』全体がそうした「組織」を持つことの意義の解明を目指しているかに見える。今回は、それぞれの方法をもって論じられている諸氏に集まっていただき、今後の研究の方向性を模索したい。

パネリスト及び講演題目

  • 歌の世界をあらしめる『万葉集』
    明治大学大学院特任教授 神野志隆光
  • 「構想論」が拓く地平
    國學院大學兼任講師 城﨑陽子
  • 解釈学の視点から見た『万葉集』の組織
    新潟経営大学准教授 西澤一光

11月30日(日)13:00~17:00【研究発表会】

会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 11号館501教室

研究発表

  • 倭建命物語における「建荒之情」の意義
    國學院大學大学院博士課程後期 小野 諒巳
     (司会 亜細亜大学講師 伊藤剣)
  • 大伴家持の対句表現―「物」の提示の方法として―
    九州産業大学専任講師 田中 真理
     (司会 フェリス女学院大学教授 松田浩)
  • 万葉第三期の空間把握―山部赤人「紀伊国行幸歌」を中心に―
    甲南大学教授 廣川 晶輝
     (司会 日本大学教授 梶川信行)
  • 多変量解析を用いた万葉歌の筆録者同定の可能性
    大阪府立大学教授 村田 右富実
    大阪府立大学講師 川野 秀一
     (司会 専修大学教授 大浦誠士)

その他のイベント情報

PageTop