第8回アジア考古学四学会合同講演会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジアにおける農耕の起源と拡散

開催趣旨

人類社会の発展にとって、食糧生産は革命的な出来事でした。アジア地域における食糧生産は、東の稲作農耕、西の麦作農耕というように対照的に捉らえることができ、また雑穀や豆、さらに根菜類などの栽培も重要な要素でした。本講演会では、アジア諸地域の初期農耕とその拡散の様子を概観すると共に、トウモロコシを主とする新大陸の農耕と比較したいと思います。

開催概要

会期
2015年1月10日(土) 13:00~17:30
開催地
関東 > 東京都
会場
明治大学駿河台キャンパス(リバティタワー1階1011教室)[アクセス
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
メインテーマ
アジアにおける農耕の起源と拡散
公式サイト
http://archaeology.jp/information/godo/se20150110.htm
主催
日本考古学協会、日本中国考古学会、東南アジア考古学会、日本西アジア考古学会
協賛・後援等
【後援】明治大学文学部
備考
対象:一般・学生・研究者
参加条件:参加費・資料代無料、申し込み不要

プログラム 内容

12:30
開場

13:00~13:10
開催挨拶

13:10~14:10
基調講演「灌漑農耕の始まりと拡がり」
工楽善通(大阪府立狭山池博物館長・日本考古学協会)

14:10~14:25
休憩

14:25~15:05
「東アジアの農耕の起源と拡散」
宮本一夫(九州大学教授・日本中国考古学会)

15:05~15:45
「東南アジアの農耕起源―根菜・ミレット・稲―」
新田栄治(鹿児島大学名誉教授・東南アジア考古学会)

15:45~16:00
休憩

16:00~16:40
「西アジア型農耕の始まり」
常木晃(筑波大学教授・日本西アジア考古学会)

16:40~17:20
「メソアメリカにおける農耕の起源と文明の形成」
青山和夫(茨城大学教授・日本考古学協会)

17:20~17:30
閉会挨拶

その他のイベント情報

PageTop