第4回交通史学会(第41回)大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年5月9日(土) ~ 5月10日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
跡見女子学園女子大学 文京キャンパス 2号館301教室[アクセス
〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2
メインテーマ
戦間期の道路史-1920~30年代の整備と輸送
公式サイト
http://www.kotsushi.org/events002.html
主催
交通史学会
備考
参加費:500円(2日間共通)

プログラム 日程

第1日目 5月9日(土)

記念講演 14:00~15:30

「中国古代交通道路の考察と復原」 
李孝聰氏(北京大学兼上海師範大学教授)

総会 15:45~17:00

懇親会 17:30~19:30

会場:たかの家 茗荷谷店(〒112-0002 東京都文京区小石川5-5-6 茗荷谷光ビル3F TEL 050-5787-0485)
参加費:4,000円

第2日目 5月10日(日)

自由論題 10:00~11:00

  • 「七世紀後半~八世紀における北武蔵の交通と地域社会」
    原京子氏(法政大学大学院(院))
  • 「寛政期異国船対応のネットワークと長州藩八幡改方」
    鴨頭俊宏氏(広島大学)

共通論題

「戦間期の道路史-1920~30年代の整備と輸送」

<午前> 11:00~11:45

  • 「戦間期における道路改良-道路法の制定と貨物自動車輸送の展開-」
    北原聡氏(関西大学経済学部)

<午後> 13:00~14:45

  • 「観光地箱根における道路開鑿とバス路線の拡大」
    鈴木康弘氏(箱根町立郷土資料館)
  • 「都市化の進展と道路整備 -神奈川県東部を中心に-」
    松本洋幸氏(大正大学文学部)
  • 「戦前神奈川県における有料道路ー行政文書の検討」
    高嶋修一氏(青山学院大学経済学部)

共通論題(討論) 15:00~16:00

その他のイベント情報

PageTop