第1回 日本語の歴史的典籍国際研究集会「可能性としての日本古典籍」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国文学研究資料館では、「日本語の歴史的典籍」をキーワードに、国際的な共同研究ネットワークの構築へ向けたプロジェクト「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」を平成26年度から開始しました。そのプロジェクトの一環として第1回 日本語の歴史的典籍国際研究集会を開催いたします。

開催概要

会期
2015年7月31日(金) ~ 8月1日(土)
開催地
関東 > 東京都
会場
国文学研究資料館 大会議室[アクセス
〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
メインテーマ
可能性としての日本古典籍
"The Possibilities for Pre-modern Japanese Texts"
公式サイト
主催
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館
備考
入場無料、聴講自由
ダウンロード

プログラム 日程

7月31日(金)

総合司会 寺島恒世(国文学研究資料館副館長(企画調整担当))

13:00 受付開始
13:30 開会の挨拶 今西祐一郞(国文学研究資料館)
13:35 機構長挨拶 立本成文(人間文化研究機構長)
13:40 来賓挨拶 文部科学省(予定)
13:45 趣旨説明 谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))

14:00~15:00 基調講演

「古典籍共同研究とオープンサイエンス」
“Collaborative Research on Pre-modern Japanese Texts and Open Science”
有川節夫(前九州大学総長)

15:00~15:20 休憩(20分間)

15:20~16:50 パネル1

「古典籍研究の近未来」
“The Immediate Future of the Study of Pre-modern Japanese Texts”

  • プロジェクト紹介(5分)
    座長:山本和明(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任教授)
  • 報告1
    「文書画像の全文検索システム」(15分)
    寺沢憲吾(公立はこだて未来大学情報アーキテクチャ学科准教授)
  • 報告2
    「古典籍画像を利用したオンライン協働と翻刻訓練の実現に向けて」(15分)
    橋本雄太(京都大学大学院文学研究科情報・史料学専修博士後期課程)
  • 報告3
    「古典籍の画像分析に向けて」(15分)
    北本朝展(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系准教授)
  • 報告4
    「研究活動としての人文学デジタル化 -仏教学知識基盤を事例として」(15分)
    永崎研宣(一般財団法人人文情報学研究所主席研究員)

小休憩(5分)

  • 討議(20分)
    討議司会:後藤真(人間文化研究機構資源共有化担当特任助教)
    パネリスト:山本和明、寺沢憲吾、橋本雄太、北本朝展、永崎研宣

16:50~17:00 事務連絡
17:00~17:30 移動

17:30~19:00 レセプション

8月1日(土)

総合司会 小林健二(国文学研究資料館研究部研究主幹)

10:00 受付開始

10:30~12:00 パネル2

「総合書物学への挑戦」
“New Approaches to Japanese Philology”

  • 概要説明(5分)
    座長:谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))
  • 報告1
    「東アジアの医書・農書・理学書への新たな視界」(15分)
    陳捷(国文学研究資料館研究部教授)
  • 報告2
    「日本古典籍の書誌概念と書誌用語の諸問題」(15分)
    落合博志(国文学研究資料館研究部教授)
  • 報告3
    「文化としての表記」(15分)
    入口敦志(国文学研究資料館研究部准教授)
  • 討論(40分)
    ディスカッサント:
    ルーカ・ミラージ(ローマ大学大学研究員(講師))
    飯倉洋一(大阪大学大学院文学研究科教授)
    小林一彦(京都産業大学日本文化研究所所長・教授)

12:00~13:00 休憩(60分間・昼食)

13:00~13:50 講演

「国際共同研究の意義-古活字版の終焉に向けて」
“An international perspective on the decline of typography in 17th-century Japan”
ピーター・コーニツキー(ケンブリッジ大学)

13:50~14:00 休憩(10分間)

14:00~15:30 パネル3

「紀州地域と寺院資料・聖教-延慶本『平家物語』の周縁-」
“Kishū area and Religious and Secular Documents in Temples related to the Tale of Heike (Engyō-bon)”

  • 研究計画概要説明(5分)
    座長:大橋直義(和歌山大学教育学部准教授)
  • 報告1
    「智積院聖教における「東山」関係資料について-智積院蔵『醍醐祖師聞書』を手懸かりとして-」(15分)
    宇都宮啓吾(大阪大谷大学文学部教授)
  • 報告2
    「増吽年譜雑考-安住院・覚城院蔵書調査を通して-」(15分)
    中山一麿(大阪大学大学院文学研究科招聘研究員)
  • 報告3
    「根来寺と延慶本『平家物語』の周辺資料」(15分)
    牧野和夫(実践女子大学文学部教授)
  • 討論(40分)
    ディスカッサント:
    佐伯真一(青山学院大学文学部教授)
    藤巻和宏(近畿大学文芸学部准教授)
    舩田淳一(金城学院大学文学部准教授)
    牧野淳司(明治大学文学部准教授)

15:30~15:40 休憩

15:40~17:10 パネル4

「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」
“Literary Legacies of Kirishitan Culture: Missionary Writings in the Vernacular”

  • 概況紹介(10分)
    座長:郭南燕(国際日本文化研究センター海外研究交流室准教授)
  • 報告1
    「ミルクで教理を育む:A・ヴァリニャーノの教育思想小考 」(10分)
    李梁(弘前大学人文学部思想文芸講座教授)
  • 報告2
    「宣教師の辞書編纂」(10分)
    陳力衛(成城大学経済学部教授)
  • 報告3
    「外国宣教師の韓国語書籍」(10分)
    李容相(又松大学校鉄道経営学部教授)
  • 報告4
    「日本文化への貢献:S. カンドウ神父の著書」(10分)
    ケビン・ドーク(ジョージタウン大学東アジア言語文化学部教授)

  • 質疑応答、総合討論(40分)
    総合コメンテータ:川村信三(上智大学文学部史学科教授)
    ディスカッサント:
    北原かな子(青森中央学院大学看護学部教授)
    申銀珠(新潟国際情報大学国際学部国際文化学科教授)
    谷口幸代(お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所准教授)

17:10 閉会の挨拶

谷川惠一(国文学研究資料館副館長(研究担当))

本研究集会チラシ

「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」で実施している共同研究について、平成27年7月31日~8月1日の会期中(2日間)に、会場前のロビーにてポスターで紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

その他のイベント情報

PageTop