第9回資料保存シンポジウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年10月5日(月) 9:50~18:00
開催地
関東 > 東京都
会場
一橋大学 一橋講堂 中会議場 学術総合センター2階[アクセス
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
地下鉄神保町駅より徒歩4分、地下鉄東西線竹橋より徒歩4分
メインテーマ
後世に伝えるための資料保存とデジタルアーカイブ-資料の保存と今後の展望-
公式サイト
主催
情報保存研究会、公益社団法人日本図書館協会(共催)
協賛・後援等
【後援】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・国立大学図書館協会・私立大学図書館協会・文化財保存修復学会・ARMA東京支部・企業史料協議会・記録管理学会・全国大学史資料協議会・日本アーカイブズ学会・日本写真学会・専門図書館協議会・アート・ドキュメンテーション学会・デジタル情報記録管理協会

プログラム 内容

基調講演 13:15~14:00

「公文書の重要性と次世代に伝えていくことの大切さ」
国立公文書館 館長 加藤丈夫氏

特別講演 10:00~10:50

「表象文化研究とデジタル文化資源」
関西大学総合情報学部 准教授 研谷紀夫氏

特別講演 11:00~11:50

「大津波からよみがえった郷土の宝-陸前高田市立図書館 郷土資料の修復-」
東京都立中央図書館資料保全専門員 眞野節雄氏

資料保存実用講座 14:10~17:30

情報保存、修復、デジタル化のエキスパートが日頃の技術を発表します。

申込み方法

①お名前、②ご所属、③e-mailをお書きの上、eメールからお申込みください。
sympo2015@e-jhk.com ⇒ 受付後、返信メールを送ります。

その他のイベント情報

PageTop