和紙文化研究会 第23回和紙文化講演会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年11月7日(土) 10:00~17:00
開催地
関東 > 東京都
会場
東京藝術大学 上野キャンパス[アクセス
〒110-8714 東京都台東区上野公園12−8 TEL 050-5525-2013
メインテーマ
明らかになってきた -古文書・古典籍の料紙-
公式サイト
http://washiken.sakura.ne.jp/admission/
主催
和紙文化研究会
協賛・後援等
【後援】文化財保存修復学会

プログラム 内容

講演内容と講演者

テーマ:明らかになってきた -古文書・古典籍の料紙-

  • 杉原紙から奉書紙へ-古文書料紙の系譜論-
    富山大学名誉教授 富田正弘氏
  • 料紙を形成する繊維について
    (一社)高知県製紙工業会 紙産業特別技術支援員 原啓志氏
  • 和紙の表面観察による繊維調査法
    和紙研会員 女子美術大学特別招聘教授 宍倉佐敏氏
    (質問及び繊維映像担当:吉野敏武氏と日野楠雄氏)
  • 料紙繊維の非破壊調査について -撮影機器とその使用法-
    東京国立博物館保存修復課長 高橋裕次氏
  • 古文書・古典籍の料紙素材 -近年の料紙調査の報告から-
    和紙文化研究会 増田勝彦 副会長

その他のイベント情報

PageTop