史料保存利用問題シンポジウム2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年6月25日(土) 13:30~17:30
開催地
関東 > 東京都
会場
駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館1-204教場[アクセス
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
東急田園都市線「駒沢大学」駅下車、「駒沢公園口」出口から徒歩約10分
メインテーマ
被災史料・震災資料の保存利用と公文書管理
公式サイト
主催
日本歴史学協会、日本学術会議史学委員会
協賛・後援等
【後援】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(予定)、日本アーカイブズ学会(予定)

プログラム 内容

開会挨拶 13:30~13:35

高埜利彦(日本学術会議会員)

趣旨説明 13:35~13:45

佐藤孝之(日本歴史学協会史料保存利用特別委員会委員長)

報告

第1報告 13:45~14:25

被災した組織アーカイブズの消滅と救助・復旧に関する検証 -東日本大震災の基礎自治体と常総市の事例-
青木睦(国文学研究資料館准教授、日本学術会議連携会員)

第2報告 14:25~15:05

阪神・淡路大震災被災地における震災資料の現状と課題 -民間資料と行政文書について-
川内淳史(歴史資料ネットワーク事務局長)

第3報告 15:05~15:45

公文書管理と個人情報保護
井上正也(成蹊大学法学部准教授)

休憩 15:45~16:00

質疑 16:00~17:25

閉会挨拶 17:25~17:30

木村茂光(日本歴史学協会会長・日本学術会議連携会員)

司会・進行:大友、熊本

その他のイベント情報

PageTop