昭和文学会 第58回研究集会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年5月14日(土) 13:30~
開催地
関東 > 東京都
会場
二松學舎大学 九段キャンパス1号館4階401教室[アクセス
〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
メインテーマ
【特集】ピカレスク-戦後~昭和30年代における〈悪〉の描出-
公式サイト
http://swbg.org/wp/?p=969
主催
昭和文学会

プログラム 内容

開会の辞

二松學舍大学文学部長 江藤茂博

研究発表

  • われは知る、テロリストのかなしき心を-三島由紀夫と二・二六表象-
    松下浩幸
  • 経済小説/映画のなかのピカレスク-「黒シリーズ」における映画俳優・田宮二郎-
    志村三代子
  • 探偵小説ジャンルと〈悪〉の表象-戦後~昭和30年代を中心に-
    柿原和宏

シンポジウム「戦後~昭和30年代のピカレスク」

ディスカッサント:山口直孝
司会:小松史生子・細沼祐介

※終了後、二松學舍大学九段キャンパス1号館11階1103会議室にて懇親会を予定しております。予約は不要、当日受付にてお申し込み下さい。

その他のイベント情報

PageTop