宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会 日本における漢籍の伝流 -デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の視角-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮内庁書陵部収蔵漢籍画像公開記念国際研究集会 日本における漢籍の伝流

開催の趣旨

 この国際研究集会は、書陵部漢籍研究会が、宮内庁書陵部との協定に基づき作成したデジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の公開を記念し、研究の成果をご報告するとともに、漢籍書誌学に関係して活躍されている国外の研究者をお招きして、講演とシンポジウムを開き、広く日本の漢籍にご関心をもたれている皆様と意見を交え、漢籍書誌学、文献学、日本文化研究の将来を考え、見通そうとする催しです。
 私ども書陵部漢籍研究会は、2012年に、東京大学東洋文化研究所と慶應義塾大学附属研究所斯道文庫に在籍する東洋古典文化の研究者が、組織の垣根を越えて結成し、宮内庁書陵部による深いご理解とご協助の下、当部収蔵漢籍の再検討を課題としている、漢籍書誌学の研究グループです。
 書陵部に収蔵する漢籍は、江戸幕府の紅葉山文庫に由来する書物の粋をあつめた善本を中心に、宮家、公家、諸大名家の伝本をも併せた、日本蔵書史の背骨ともいうべき枢要の書物群と言え、善本の多くは鎌倉時代の金澤文庫や、南北朝室町時代に隆盛した五山禅院に溯る来歴をもっています。従って書陵部の漢籍は、早期に書写され、印刷流布されたことの確実な、古文献としての意義を内蔵しているのと同時に、日本人に求められ、解釈され、また長きにわたって宝蔵され、日本の言語文化を涵養する大きな源となった、と言うこともできます。つまり、世界的には、漢字文化圏の図書遺産を代表する収蔵の一であり、同時に日本の文化史を裏付ける学術資料でもあり、その価値を匆々の間に汲み尽くすことはできません。
 書陵部漢籍研究会では、この蔵書の性格に鑑み、まず多方面からの関心に供するための、書誌学的再検討を加え、基礎を打ち直すことに課題を見出して来ました。しかし、今回のデジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の作成と公開は、これまでの活動のささやかな経過報告に過ぎません。現在も書陵部の漢籍に照明を与え続けている『図書寮典籍解題 漢籍篇』の刊行から半世紀を経た今日、情報技術の革新や海外との交通拡大は、日本の書誌学研究にも新しい局面を開いています。内外の資料との比較研究により、古典的研究を着実に改新していく試みは、なお緒に就いたばかりと言わなければなりません。私どもでは、この度の集会が、漢籍書誌学、文献学や、日本文化の研究をさらに進めていくための、新たな節目となることを願っています。

開催概要

会期
2016年6月4日(土) 10:00~17:30
開催地
関東 > 東京都
会場
慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール[アクセス
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
メインテーマ
公式サイト
http://www.sido.keio.ac.jp/info/
主催
書陵部漢籍研究成果報告会実行委員会
協賛・後援等
【共催】慶応義塾大学附属研究所斯道文庫、東京大学東洋文化研究所
備考
参加無料・登録不要
ダウンロード

プログラム 内容

第Ⅰ部 10:00~11:50

デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の紹介

研究報告Ⅰ 仏典と漢籍旧鈔本

  • 宮内庁書陵部所蔵の聖語蔵関係経巻について
    小倉慈司(国立歴史民俗博物館研究部准教授)
  • 『古文孝経』永仁五年写本の問題点
    佐藤道生(慶應義塾大学文学部教授)

第Ⅱ部 13:00~15:55

講演とシンポジウム 漢籍研究とデジタルアーカイブ

  • アメリカ合衆国における漢籍研究とデジタルアーカイブ
    マーティン ヘイドラ(プリンストン大学東アジア図書館長)
  • 韓国伝来漢籍の研究とデジタルアーカイブ
    沈慶昊(高麗大学校漢文学科教授)
  • 日本漢籍の研究とデジタルアーカイブ
    陳正宏(復旦大学古籍整理研究所教授)
  • 蔵書概説データベースの効用
    高橋智(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)

司会:金文京(鶴見大学文学部教授・京都大学名誉教授)

第Ⅲ部 16:00~17:30

研究報告Ⅱ 宋元版と家別け文庫

  • 書陵部本宋版論衡について
    矢島明希子(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫研究嘱託)
  • 徳山毛利家旧蔵「伝奇四十種」所収『楊東来先生批評西遊記』の書名改刻をめぐって-原題は『李卓吾先生批評西遊記』か?-
    上原究一(山梨大学大学院総合研究部准教授)

お問い合わせ

慶応義塾大学附属研究所斯道文庫
TEL 03-5427-1582

その他のイベント情報

PageTop