第21回国際浮世絵学会秋季大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年11月26日(土) ~ 11月27日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
國學院大學 渋谷キャンパス[アクセス
http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access_shibuya.html
メインテーマ
祭りと祈り
公式サイト
http://ukiyoesociety.blogspot.jp/2016/10/21.html
主催
国際浮世絵学会
備考
大会参加費〔 資料代(2日間共通)〕
国際浮世絵学会会員 1,000円、一般 2,000円、学生(一律) 500円
一般の方の参加も歓迎いたします!
大会参加の事前予約は不要です。
参加ご希望の方は当日、大会受付へお越しください。

プログラム 日程

11月26日(土)

会場:130周年記念5号館2階5202教室

総合司会:藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)

12:00 理事会

会場:130周年記念5号3階5302教室

13:00

開会の辞 小林忠(国際浮世絵学会会長・岡田美術館館長)
理事長挨拶 浅野 秀剛(国際浮世絵学会理事長・大和文華館館長)

13:10 臨時総会

14:10 研究発表

司会:岡崎礼奈(東洋文庫)

歌川国芳「武勇百伝」からみる「太閤記」画題の様相
幸田美郷(金沢美術工芸大学)

14:55 研究発表

水野年方の画業
日野原健司(太田記念美術館)

15:40 コーヒーブレイク

16:20 特別講演

司会:内藤正人(慶応義塾大学)

北斎の“玉川六景” -自然の風景描写のかなた
マホトカ・エヴァ(ライデン大学)

18:00 懇親会

会場:カフェラウンジ若木が丘(学術メディアセンター1F)
参加費:国際浮世絵学会会員 5,000円、一般 6,000円、学生(一律)2,000円

11月27日(日)

会場:学術メディアセンター(AMC)1F 常盤松ホール

10:00 研究発表

司会:武藤順子(清泉女子大学)

安政江戸地震直後の錦絵出版事情について-歌川派の絵師と板元たちの活動を中心に-
石隈聡美(國學院大學大学院)

10:45 研究発表

「護符」としての浮世絵
藤澤茜(学習院大学)

11:30 休憩

13:00 基調講演

司会:及川茂(日本女子大学名誉教授)

ドグマをコメディーへ変える -京伝と政美の『心学早染艸』とその時代
ジュリー・ネルソン・デイヴィス(ペンシルベニア大学)

14:00 コーヒーブレイク

14:30 シンポジウム「祭りと祈り」

司会:藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)

パネリスト:滝口正哉(武蔵大学)、小澤弘(淑徳大学)、ジュリー・ネルソン・デイヴィス(ペンシルベニア大学)、伊藤千尋(永青文庫)

17:00

閉会の辞 藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)

その他のイベント情報

PageTop