日本仏教綜合研究学会 第15回大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年12月11日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
大正大学巣鴨キャンパス 1号館2階大会議室[アクセス
〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
メインテーマ
公式サイト
主催
日本仏教綜合研究学会
備考
参加費:1,000円(当日、受付にてお支払いください。)
ダウンロード

プログラム 内容

会長挨拶 10:20~10:30

吉田一彦(名古屋市立大学)

研究報告(報告30分・質疑15分)

  • 10:30~11:15
    志水文庫蔵『六道変相八大地獄図』の信仰とその淵源
    本井牧子(筑波大学)
  • 11:15~12:00
    西明寺時代の道宣伝-顕慶・麟徳年間を中心として
    池麗梅(鶴見大学仏教文化研究所)

(昼食休憩)

  • 13:00~13:45
    近代宗教行政の端緒を考える-明治期文部省における仏教の新解釈-
    江島尚俊(田園調布学園大学)
  • 13:45~14:30
    鈴木正三における四恩説の展開-「十条ノ法語」を中心にして-
    三浦雅彦(愛知学院大学)

(休憩)

  • 14:40~15:25
    天台座主円珍の教団経営
    岡野浩二(国学院大学)
  • 15:25~16:10
    「如法」の造仏について
    奥健夫(文化庁)

講演 16:25~17:15(講演50分)

神仏習合とは何か-翁・荒神・後戸の視角から-
松岡心平(東京大学)

総会 17:20~17:50

懇親会 18:00~20:00

会場:大正大学 5号館8階鴨台食堂
参加費:5,000円(当日、受付にてお支払いください。)

その他のイベント情報

PageTop