2016年度文化財保存修復学会公開シンポジウム「文化財を伝える-展示技術と保存修復学」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年度文化財保存修復学会公開シンポジウム「文化財を伝える-展示技術と保存修復学」

博物館施設は収集、保管した文化財の展示を行ない、文化財を通して来館者と対話する役割を担うという使命を持っています。この使命を果たすために、学芸員はキュレーションを行ない、それを支えるのが展示技術です。展示技術には展示によって文化財の劣化が進むのを予防するために、文化財周囲の展示環境を安全に管理する環境保存技術と、展示を安全に成立させために文化財の保存状態を診断し、必要に応じて処置を施すための保存修復技術が含まれます。これらの技術は来館者が展示物のみに集中できる空間の構成を目的としたものであるため、通常は意識的に見ることはありません。本シンポジウムでは、こうした技術を生み出す学問的理論を考えていきたいと思います。

開催概要

会期
2017年1月29日(日) 13:00~16:35
開催地
関東 > 東京都
会場
東京文化財研究所 地下講堂[アクセス
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43 TEL 03-3823-2241(ダイヤルイン)
メインテーマ
公式サイト
https://www.jsccp.or.jp/event/index.html
主催
一般社団法人文化財保存修復学会
協賛・後援等
【後援】国宝修理装潢師連盟、日本文化財科学会、文化庁、読売新聞社
ダウンロード

その他のイベント情報

PageTop