鎌倉遺文研究会第227回例会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年1月26日(木)
開催地
関東 > 東京都
会場
早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第7会議室[アクセス
〒162-8644 新宿区戸山1-24-1
メインテーマ
公式サイト
http://www.f.waseda.jp/ebisawa/jikai.html
主催
鎌倉遺文研究会

プログラム 内容

報告者:伊藤啓介氏
題目:『鎌倉遺文CD-ROM』を利用した、古文書件数と気候復元データの定量的分析

[報告者の一言]
最先端の古気候学では、日本の気温と降水量について、一年単位という高解像度でデータが復元されている。本報告ではこれらのデータと、『鎌倉遺文CD-ROM』を利用してキーワード抽出(「雨」・「飢饉」・「売券」等)した、「古文書の件数」とを、統計的に比較する。伝来にあたって偶然の影響が大きく、検討対象とされてこなかった古文書の「件数」について、最先端の古気候データと比較することで、定量的な分析が可能かどうか検討したい。

その他のイベント情報

PageTop