企画展「ほとけを支える -蓮華・霊獣・天部・邪鬼-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企画展「ほとけを支える -蓮華・霊獣・天部・邪鬼-」

仏教の多種多様なほとけを、支えるもの花や動物だちという視点から見てみようという趣向の展覧会です。
仏教を象徴すハスの花(仏教では「蓮華」と書きます)は、ほとけの体を支える台として最もポピュラーです。この蓮台を、文殊菩薩は獅子、普賢菩薩は白象の背にこの蓮台を乗せています。蓮台を使わない尊像としては、甲冑に身を包んだ四天王が邪鬼を踏み、優美な女神の弁財天が蓮の葉の上に坐す例があります。そして密教の世界は、ほとけの数を格段に増やし、その台座のバリエーションとともに、多様な図像を生みだします。
「金剛界八十一尊曼荼羅」、「善光寺縁起絵」「愛染明王像」(いずれも重要文化財)など、根津美術館コレクションより選りすぐった日本仏教絵画の優品約40件を通して、仏教美術のシンボリズムや豊かな表現をお楽しみください。

開催概要

会期
2017年9月14日(木) ~ 10月22日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
根津美術館 展示室1・2[アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1 TEL 03-3400-2536
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日 ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館し、翌9月19日(火)、10月10日(火)は休館
メインテーマ
公式サイト
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/
主催
根津美術館
備考
入場料:一般1,100円、学生(高校生以上)800円
※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

関連イベント

スライドレクチャー「ほとけを支える」

日時:9月15日(金)、10月7日(土)、10月20日(金)13:30~(約45分)
場所:根津美術館 講堂
定員:130名
講師:白原由起子(根津美術館・特別学芸員)
参加方法:事前申込は不要です。地下講堂にお越しください。13時15分開場。
※聴講は無料ですが、入館料を別途お支払ください。

その他のイベント情報

PageTop