日本仏教綜合研究学会 第1回例会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年7月30日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
東京大学史料編纂所大会議室(情報学環・福武ホールB1F)[アクセス
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)徒歩8分
本郷三丁目駅(都営大江戸線)徒歩6分
湯島駅・根津駅(地下鉄千代田線)徒歩8分
東大駅前(地下鉄南北線)徒歩1分
※なお、日曜日のため例会開始後は、入り口が施錠されます。
遅れる場合は、到着後03-5841-5950(直通)におかけ下さい。
メインテーマ
密教の修法と造形――孔雀明王をめぐる政治・教理・説話・美術――
公式サイト
主催
日本仏教綜合研究学会
備考
参加費 無料、来聴歓迎
ダウンロード

プログラム 内容

会長挨拶 13:00~13:05

吉田一彦(名古屋市立大学)

発表

司会:菊地大樹(東京大学)

  • 13:05~13:45
    孔雀王呪から孔雀明王ヘ
    野口圭也(大正大学)
  • 13:45~14:25
    役優婆塞の孔雀王呪法と鬼神
    吉田一彦(名古屋市立大学)

(休憩)

  • 14:45~15:25
    密教修法の歴史的変遷と孔雀経法
    上島享(京都大学)
  • 15:25~16:05
    孔雀明王造像の展開一唐・宋・日本一
    増記隆介(神戸大学)

討論 16:20~17:30

懇親会 18:00~20:00

参加費3,500円(当日受け付けにてお支払いください)

その他のイベント情報

PageTop