歴研シンポジウム「現代歴史学の新たな地平を求めて ―『第4次 成果と課題』再考―」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年12月2日(土) 13:00~17:30(開場12:30)
開催地
関東 > 東京都
会場
早稲田大学戸山キャンパス 36号館681教室[アクセス
〒162-8644 新宿区戸山1-24-1
メインテーマ
公式サイト
http://rekiken.jp/seminars/Symposium.html
主催
歴史学研究会
備考
資料代:500円(事前申込不要)

開催主旨

 2017年5月、歴史学研究会は『第4次 現代歴史学の成果と課題』を刊行した。15年ぶりとなる『成果と課題』は、以下の全3巻から構成される。第1巻「新自由主義時代の歴史学」は、この15年間の歴史認識の変化を集約し、歴史学の方法的可能性を展望するだけでなく、その課題と隘路をも示したことに特徴があるだろう。第2巻「世界史像の再構成」は、1990年代以来、日本の歴史学界を席巻してきた構築主義を克服しつつ、その最良の遺産を継承しながら新たな動態的歴史像を模索した。第3巻「歴史実践の現在」は、史料・方法・叙述のほか、研究・教育を含む一連の社会的営為を「歴史実践」と考え、いまなぜ歴史実践が必要なのかを問いつづけた。
 さて、それぞれに個性的な3巻を総合的に鳥瞰するとき、その先にいったいなにが見えてくるのだろうか。私たち歴史学研究会委員会は、これら3巻の向こうに広がる地平を展望すべく、歴史学研究会シンポジウム「現代歴史学の新たな地平を求めて―『第4次 成果と課題』再考―」を企画した。このとき、導きの糸となるのは、独自の視点から3巻を貫通して把握しようとする以下の三報告である。大門正克は、『成果と課題』編集委員の立場から、3巻を串刺しにする総括的な報告を行う。松原宏之は、第1巻の自著「カルチュラル・ターン以後の歴史学と叙述」のなかで触れることができなかった対象、たとえばジェンダーについてどうみるかを皮切りに、認識論的かつ方法論的議論をさらに拡張していく。最後に、若尾政希は「いまなぜ歴史実践なのか」という問いを軸に、第1巻・第2巻で表明されつつある歴史学の新たな展開と第3巻の歴史実践論とがいったいどのようにかかわり、どう異なるのか、そして、どのように結びつくのかを論じる。
 これらの三報告に対して、全3巻を踏まえた近現代史研究の視点から加藤陽子、近世国制・身分・ジェンダーの観点から仲松優子、若手研究者問題にも取り組む浅田進史の三氏にコメントをいただく。これによって、歴史認識・歴史叙述・世界史像・歴史実践を総合的に論じる「歴史学の場」をつくることができるだろう。

プログラム 内容

報告者

  • 大門正克
    現代歴史学を串刺しにする-『第4次 成果と課題』の構想と発刊をふまえて-
  • 松原宏之
    文化からたどりなおす現代歴史学-ジェンダー、身分、政治経済-
  • 若尾政希
    いまなぜ歴史実践か

コメント:加藤陽子、仲松優子、浅田進史

その他のイベント情報

PageTop