南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」

南方熊楠は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきましたが、近年の研究では、むしろ広く資料を収集し、蓄積して提供しようとした「情報提供者」として評価されるようになってきました。本展覧会では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜を展示。“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。

開催概要

会期
2017年12月19日(火) ~ 3月4日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
国立科学博物館(東京・上野公園)日本館1階 企画展示室[アクセス
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20 TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間
9:00~17:00(金曜日、土曜日は20:00まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日
毎週月曜日、12月28日(木)~1月1日(月)、1月9日(火)
ただし、1月8日(月)、2月12日(月)は開館
メインテーマ
公式サイト
https://www.kahaku.go.jp/event/2017/12kumagusu/
主催
国立科学博物館 、田辺市、南方熊楠翁生誕150周年記念事業実行委員会
協賛・後援等
【後援】和歌山県、朝日新聞社
【特別協力】南方熊楠顕彰会、公益財団法人南方熊楠記念館、京都工芸繊維大学
備考
入館料:一般・大学生 620円、高校生以下および65歳以上 無料
ダウンロード

関連イベント

講演会

「展示企画者が語る南方熊楠」

日程:
2017年12月22日(金)18:00~19:00
場所:
国立科学博物館 日本館2階 講堂
内容:
展示企画者が展示会場で語りきれなかった南方熊楠について語ります。
講師:
京都工芸繊維大学環境科学センター 准教授 岩崎仁
南方熊楠顕彰会 学術部長 田村義也
四国大学 非常勤講師 平川恵実子
国立科学博物館 名誉研究員 萩原博光
国立科学博物館植物研究部菌類・藻類研究グループ長 細矢剛
関西大学人間健康学部 准教授 安田忠典
申込方法:
事前申込制(WEB申込
申込期間:
11月22日(水)~12月15日(金)
対象:
高校生以上

ギャラリートーク

(1)「南方熊楠はわれらの同時代人」

日程:2018年1月26日(金)18:00~19:00
場所:国立科学博物館 日本館1階 企画展示室会場
内容:21世紀の今日になってやっと理解できるようになった「南方熊楠のやりたかったこと」を、一次資料から探ります。
講師:南方熊楠顕彰会学術部長 田村義也

(2)「南方熊楠の生涯と図譜の謎」

日程:2018年2月23日(金)18:00~19:00
場所:国立科学博物館 日本館1階 企画展示室会場
内容:南方熊楠の生涯を振り返り熊楠が作成した大量の菌類図譜とその謎について探ります。
講師:植物研究部菌類・藻類研究グループ長 細矢剛

その他のイベント情報

PageTop