特別展「国宝 一遍聖絵」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 時宗の宗祖である一遍上人の伝記を描いた鎌倉時代を代表する国宝絵巻「一遍聖絵」全十二巻を遊行寺宝物館、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫の3会場で同時公開します。第3会場となる県立金沢文庫では、高野山、熊野、四天王寺、石清水八幡宮、当麻寺の場面を描く巻二、三、八、九を展示します。
 本絵巻の全巻全段の同時公開ははじめての機会となります。また、かつて分かれた巻七を所蔵する東京国立博物館でも、本展期間中に公開されることが決定し、この秋「一遍聖絵」の全貌を一挙にご覧いただくまたとない機会となります。

(神奈川県立金沢文庫ホームページより引用)

開催概要

会期
2015年11月19日(木) ~ 12月13日(日)
開催地
関東 > 神奈川県
会場
神奈川県立金沢文庫[アクセス
〒236-0015 神奈川県横浜市金沢区金沢町142 TEL 045-701-9069
開館時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(11月23日は開館)、11月24日(火)
メインテーマ
公式サイト
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/tenji.html
主催
遊行寺宝物館、神奈川県立歴史博物館神奈川県立金沢文庫
協賛・後援等
【特別協力】藤沢市、藤沢市教育委員会、東京国立博物館
【協賛】江ノ島電鉄株式会社・公益社団法人藤沢市観光協会・藤沢商工会議所・高志書院・東芝ライテック
【後援】神奈川県文化財協会・神奈川県博物館協会
備考
観覧料金:一般 600円、20歳未満及び学生 400円、65歳以上 200円、高校生 100円
ダウンロード

主要出品作品

  • 国宝 一遍聖絵(巻二、三、八、九)-清浄光寺(遊行寺)、鎌倉~南北朝時代
  • 重要文化財 播州法語集-称名寺(金沢文庫管理)、鎌倉時代
  • 神奈川県指定文化財 二河白道図-清浄光寺、室町時代
  • 神奈川県指定文化財 熊野権現影向図-正念寺、室町時代
  • 木造阿弥陀三尊立像-称名寺(金沢文庫保管)、鎌倉時代

展示資料一覧

関連イベント

展示解説

ボランティア
土曜・日曜、および国民の休日、それぞれ14:00と15:00から行います。
※展示解説に参加ご希望の方は、定刻までに金沢文庫1階展示室入口にお集まり下さい。

本展チラシ

その他のイベント情報

PageTop