宗教哲学会 第7回学術大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年3月28日(土) 9:30~17:30
開催地
近畿 > 京都府
会場
京都大学文学部新館2階[アクセス
〒 606-8501 京都市左京区吉田本町
メインテーマ
シンポジウム 「身体と宗教」
公式サイト
http://sprj.org/conference.html
主催
宗教哲学会
備考
会員以外の方も、参加料500円でご参加いただけます。

午前の部 個人研究発表
9:30~11:55

●第一部会(文学部新館2階 第4講義室)

発表1(9:30-10:15)
山根秀介 (京都大学)
「W.ジェイムズの多元的存在論とベルクソンの持続の存在論」

発表2 (10:20-11:05)
須藤孝也(大谷大学)
「キルケゴールの歴史理解について」

発表3(11:10-11:55)
喜多源典(関西大学)
「非連続の連続を可能にする身体―西田幾多郎の論文「私と汝」とその関連講演を中心に」

司会 脇坂真弥(大谷大学)

●第二部会(文学部新館2階 第5講義室)

発表1 (10:20-11:05)
坪光生雄(一橋大学)
「チャールズ・テイラーの「受肉」思想」

発表2(11:10-11:55)
後藤英樹(東洋大学)
「宗教的体験と数学的直観」

司会 深澤英隆(一橋大学)

●第三部会(文学部新館2階 第6講義室)

発表1 (10:20-11:05)
山口隆介(聖泉大学)
「人格と霊魂 ― トマス・アクィナスの人間論におけるpersonaとanima」

発表2(11:10-11:55)
梅野宏樹(京都大学)
「ライプニッツにおける人間の自由と情念」

司会 長町裕司(上智大学)

【昼食休憩】 11:55-13:30

午後の部 シンポジウム 「身体と宗教」
13:30~17:00 於 文学部新館2階 第7講義室

棚次正和(京都府立医科大学)
「心身論の射程と祈りの変容」

魚住孝至(放送大学)
「武道修行による身心の変容 ― ヘリゲル『弓と禅』を手掛かりに」

杉本耕一 (愛媛大学)
「西田における歴史的身体と身体を越えたもの ― 盤山宝積の剣をめぐって」

司会:秋富克哉 (京都工芸繊維大学)

【総会】
17:00-17:30 於 文学部新館2階 第7講義室

【懇親会】
18:00-20:00 於 カンフォーラ

その他のイベント情報

PageTop