日本宗教民俗学会 第26回大会・総会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年6月11日(土) 10:00~
開催地
近畿 > 京都府
会場
大谷大学 響流館3階メディアホール[アクセス
〒603-8143 京都市北区小山上総町
京都市営地下鉄烏丸線 国際会館行「北大路」駅上(JR京都駅から乗車時間約13分)
メインテーマ
シンポジウム「〈穢れ〉をめぐる領域間の対話と議論の共有」
公式サイト
http://religiousfolklore.in.coocan.jp/sub1.html
主催
日本宗教民俗学会
備考
一般参加歓迎
事前申込不要/参加費無料

プログラム 内容

午前の部 一般報告 10:05~11:50

  • 近世高野山における神祇信仰について-『神璽内侍所事』を中心に-
    吉田唯(近畿大学非常勤講師)
  • 『八幡宇佐宮御託宣集』における「九旬御入堂」の儀式について-中世宇佐宮八幡神をめぐる滅罪の様相と展開-
    村田真一(佛教大学非常勤講師)
  • 近代京都における地蔵会の復興
    村上紀夫(奈良大学准教授)

午後の部 シンポジウム 13:00~16:00

テーマ「〈穢れ〉をめぐる領域間の対話と議論の共有」

コーディネーター兼司会:舩田淳一(金城学院大学准教授)

〔13:00~13:10〕テーマと報告者の紹介(舩田淳一)

〔13:10~14:40〕第1部:パネラー報告

  • 第1報告 片岡耕平(国文学研究資料館プロジェクト研究員)
    日本中世における穢の多様性について-他の学問分野との接点を探るために-
  • 第2報告 阿部泰郎(名古屋大学大学院文学研究科教授)
    穢れを負う聖たち-中世説話・縁起・僧伝に見る触穢をめぐって-
  • 第3報告 鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
    〈穢れ〉と女人禁制

〔15:00~16:00〕第2部:討論

公開講演 16:20~17:20

山・古墳・浄土-日本列島における聖地観の変遷-

佐藤弘夫先生(東北大学大学院文学研究科教授)

その他のイベント情報

PageTop