第116回 訓点語学会研究発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年5月21日(日) 10:00~
開催地
近畿 > 京都府
会場
京都大学文学部(第3講義室)[アクセス
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 TEL 075-753-2824(京都大学文学部国語学国文学研究室)
メインテーマ
公式サイト
http://kuntengo.com/meeting/
主催
訓点語学会

プログラム 内容

研究発表(10:00~)

  • 実作調査から見た和漢聯句をめぐる古辞書類
    康凱欣
  • 一切経音義の独自項目から見た新撰字鏡の依拠本
    李乃琦
  • 本文から見た上代仏典音義の撰述と背景 ―『新訳華厳経音義私記』を中心に―
    賈智

研究発表(13:30~)

  • 『校訂交隣須知』の項目配列について
    李安九
  • 「落葉集」本篇の掲出語彙について ―「易林本節用集」との比較をとおして─
    白井純
  • 撥音史から見た漢字音の三種の鼻音韻尾
    肥爪周二

研究発表(15:30~)

  • 年号勘文の訓法 ―廣橋家旧蔵記録文書典籍類の中から―
    水上雅晴・髙田宗平・近藤浩之・石井行雄
  • 杜延業『群書新定字様』再考
    池田証寿
  • Codicologyより見た古辞書音義資料 ―高山寺本を中心として―
    石塚晴通

総会

懇親会

於:カンフォーラ(京都大学正門西側)

その他のイベント情報

PageTop