日本宗教民俗学会 第27回大会・総会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年6月10日(土) 10:00~
開催地
近畿 > 京都府
会場
大谷大学 響流館3階メディアホール[アクセス
〒603-8143 京都市北区小山上総町
京都市営地下鉄烏丸線 国際会館行「北大路」駅上
メインテーマ
公式サイト
http://religiousfolklore.in.coocan.jp/sub1.html
主催
日本宗教民俗学会
備考
一般参加歓迎致します。
ダウンロード

プログラム 内容

午前の部:一般報告 10:05~12:00

  • 中世伊勢神宮に伝わる神話について
    数元彬氏(本学会会員)
  • 六斎念仏の成立にかんする再考察
    山中崇裕氏(佛教大学大学院博士後期課程)
  • 尾張の一宮御師
    石黒智教氏(一宮市博物館)

午後の部:基調講演 シンポジウム 13:00~17:15

テーマ:花祭再考 -五来重の神霊観念を越えて-

基調講演 13:00~14:00

「花祭り」の意味するもの -花祭りへの五来重の視点-
山崎一司(民俗芸能学会評議員)

シンポジウム

第1部:パネラー報告 14:15~
  • 神霊観念の諸相について
    コーディネーター:久保田裕道(東京文化財研究所無形民俗文化財研究室長)
  • 花祭の中の岩戸神話 -仏教花から神道花へ-
    矢嶋正幸(民俗芸能学会会員)
  • 花祭研究の現在的課題 -「霜月神楽」・中世神楽・祭文-
    井上隆弘(佛教大学総合研究所嘱託研究員)
    コメンテーター:
    星優也(佛教大学大学院博士後期課程)
    山崎一司(民俗芸能学会評議員)

司会:本林靖久(大谷大学非常勤講師)

第2部:討論 16:15~17:15

その他のイベント情報

PageTop