特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

王城の地・京都では、平安時代から近代にいたるまで、多くの刀工が工房を構え、多くの名刀を生み出してきました。これら京都で製作された刀剣は、常に日本刀最上位の格式を誇り、公家、武家を問わず珍重され、とりわけ江戸時代以降は武家の表道具として、大名間の贈答品の筆頭として取り扱われました。
本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼすべてと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城鍛冶の技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探ります。
また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが果たした役割に迫ります。

(京都国立博物館ホームページより引用)

開催概要

会期
2018年9月29日(土) ~ 11月25日(日)
開催地
近畿 > 京都府
会場
京都国立博物館 平成知新館[アクセス
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 TEL 075-525-2473
開館時間
火~木・日曜日:9:30~18:00(入館は17:30まで)
金・土曜日:9:30~20:00(入館は19:30まで)
休館日
月曜日
※ただし10月8日(月・休)は開館、翌10月9日(火)は休館
公式サイト
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/tenrankai/katana_2018.html
主催
京都国立博物館、読売新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
備考
観覧料:一般 1,500円、大学生 1,200円、高校生 700円

展覧会公式サイト https://katana2018.jp/

その他のイベント情報

PageTop