企画展「へうげものランキング30」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企画展「へうげものランキング30」

 塵長4年(1599)2月、古田織部は、「へうけもの(剽げ物、剽軽な物の意)」といわれた美濃焼茶碗を茶会で使用し、そのことが初めて記録されました。この種の茶碗は、塵長6年(1601)1月の茶会では、「やきそこなひ(焼き損ない)」と表現されています。これはおそらく、織部黒茶碗だったのでしょう。
 織部が作らせた焼き物には様々なバリエーションがありますが、今展では、「剽げ物」20点、「焼き損ない」10点をランク付けし、異彩を放つ美濃焼・高取焼の織部茶入群、そして、古田織部自筆書状とともに展示いたします。一見失敗作のような、けれど独特の魅力をもつ茶道具を、ぜひご鑑賞ください。

開催概要

会期
2018年5月17日(木) ~ 9月17日(月)
開催地
近畿 > 京都府
会場
古田織部美術館[アクセス
〒603-8054 京都市北区上賀茂桜井町107-2 地下1階 TEL 075-707-1800
市営地下鉄烏丸線北山駅下車 4番出口 徒歩3分
開館時間
9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日
会期中無休
公式サイト
http://furutaoribe-museum.com/
主催
古田織部美術館
協賛・後援等
【後援】京都市、京都新聞
備考
入館料:大人 500円、大学生・高校生 400円、中・小学生 300円、団体(15人以上)100円引
ダウンロード

主な展示品

  • 黒織部 六波文 茶碗
  • 瀬戸「↓」彫 肩衝茶入
  • 織部黒平茶碗 銘「深山烏」
  • 古伊賀・古高取・古八代水指
  • 古田織部 自筆書状 浅野幸長宛

など約50点展示

その他のイベント情報

PageTop