テーマ展「龍王山をめぐる信仰と人々-山岳寺院の軌跡-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 淀川の北に広がる三島平野を奥に進むと、なだらかな丘陵地帯を経て、山々が連なる北摂山地に至ります。なかでも、標高510mの竜王山は流麗な山容を誇っており、この竜王山を中心に山への信仰が古代以来続いています。また、信仰とともに、仏教美術や文化を今に伝えています。

 今回の展示では、竜王山と関連が深い、忍頂寺および大門寺などの山岳寺院をとりあげます。初公開となる織田信長朱印状(「天下布武」印)や関連する仏像などを展示することで、竜王山をめぐる信仰と人々にスポットをあてます。

(茨木市立文化財資料館ホームページより引用)

開催概要

会期
2015年10月17日(土) ~ 12月14日(月)
開催地
近畿 > 大阪府
会場
茨木市立文化財資料館 2階展示室
〒567-0861 大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号 TEL 072-634-3433
開館時間
9:00~17:00
休館日:祝日を除く火曜日、11月4日(水)
メインテーマ
公式サイト
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/kyoikuiinkaikyoikusoumu/syakaikyoiku/menu/shiryokan/1412084685670.html
主催
茨木市立文化財資料館
備考
入館料:無料
ダウンロード

展示の概要

  • プロローグ~龍王山の情景
  • 忍頂寺の成立と領主権力
    …忍頂寺採集須恵器、瓦器、青磁、瓦(実物)、織田信長朱印状(パネル、実物は11月5日~29日のみ限定公開、忍頂寺より借用)ほか
  • 大門寺と一切経の世界
    …大門寺一切経(実物)
  • 龍王山麓の仏教美術
    …熊野十二所権現(実物、大門寺より借用)ほか
  • 近世における諸寺院の信仰
    …十二所権現社跡経石、大門寺観音講員名書上、護符、版木(以上、大門寺)ほか

関連イベント

特別講演会

「茨木・龍王山と山岳信仰の美術」

日時:11月7日(土)14:00~16:00
講師:藤岡穣氏(大阪大学大学院教授)
定員:80人(当日10時より整理券を配布)

「北摂の山林寺院と古代仏教」

日時:11月29日(日)14:00~16:00
講師:吉川真司氏(京都大学大学院教授)
定員:80人(当日10時より整理券を配布)

学芸員講座

「近世龍王山における諸寺院の展開」

日時:10月23日(金)14:00~15:30
講師:高橋伸拓(当館学芸員)
定員:当日先着80人(申込不要)

「龍王山と忍頂寺」

日時:12月13日(日)14:00~15:30
講師:清水邦彦(当館学芸員)
定員:当日先着80人(申込不要)

本展案内チラシ

その他のイベント情報

PageTop