(公財)国際宗教研究所 公開シンポジウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年2月20日(土) 13:00~17:00
開催地
近畿 > 大阪府
会場
大阪国際大学 守口キャンパス 6号館401号室[アクセス
〒570-8555 大阪府守口市藤田町6-21-57
京阪本線 大和田駅もしくは萱島駅(西口)より徒歩8分
メインテーマ
グローバル化の進展と日本の宗教
公式サイト
http://www.iisr.jp/symposium/present/sym_34.html
主催
公益財団法人国際宗教研究所
備考
参加費無料(懇親会費3,000円)
定員230名
ダウンロード

プログラム 内容

パネリスト

  • 三木英(大阪国際大学教授)
    「近年における在留外国人とその宗教の実態」
  • 大西英玄(音羽山清水寺 執事補)
    「光ある未来を願って」
  • 佐藤信行(在日大韓基督教会 在日韓国人問題研究所 所長)
    「21世紀グローバル時代と日本のキリスト教会-移民と教会のネットワーク」
  • 三濱靖和(天理図書館資料部長)
    「短期滞在外国人に対する布教の試み」
  • 板井正斉(皇學館大学教育開発センター・准教授・副センター長(COC担当))
    「「お伊勢さん」は「OISESAN」になりうるか-訪れることと暮らすことから」

コメンテーター

井上順孝(國學院大學教授)

司会

弓山達也(東京工業大学教授)

シンポジウム終了後、引き続き同会場にて
第11回(公財)国際宗教研究所賞(2015年度)授賞式

シンポジウム案内チラシ

参加のお申し込みは、ご氏名・ご所属・懇親会参加の有無をメールまたはFAXでお知らせください。申し込み締め切りは2月7日(日)です。

その他のイベント情報

PageTop