国際シンポジウム「読みたい!日本の古典籍-歴史的典籍の画像データベース構築とくずし字教育の現状と展望-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

International Symposium:
Let’s read Classical Japanese books!
-The current status and future prospects of Kuzushi-ji education and the construction of a database of pre-modern Japanese books-

「日本語の歴史的典籍の国際共同ネットワーク構築計画」の一環として、国際シンポジウム「読みたい!日本の古典籍―歴史的典籍の画像データベース構築とくずし字教育の現状と展望」を開催します。
科研挑戦的萌芽研究において開発している、くずし字をスマートフォンで学習するアプリ「くずし字学習アプリ」に関する発表も予定しています。

開催概要

会期
2016年2月17日(水) 11:00~17:30
開催地
近畿 > 大阪府
会場
大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館アセンブリー・ホール[アクセス
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-13 TEL 06-6850-5977
メインテーマ
公式サイト
主催
大阪大学文学研究科、国文学研究資料館、科研挑戦的萌芽研究「日本の歴史的典籍に関する国際的教育プログラムの開発」(代表者 飯倉洋一)
協賛・後援等
【後援】日本近世文学会
備考
入場無料。入退場自由。
ダウンロード

プログラム 内容

使用言語:日本語

受付 10:30より

開会の辞

和田章男(大阪大学大学院文学研究科長)

午前の部 11:00~12:30

司会:岡島昭浩(大阪大学)

  • 日本古典籍のデジタル化における国文学研究資料館の戦略の現在
    山本和明(国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター
  • 古地震研究と古文書・古記録の解読
    中西一郎(京都大学)
  • 変体仮名の文字コード標準化
    矢田勉(大阪大学)

午後の部 13:30~17:30

司会:康盛国(大阪大学)

  • くずし字解読学習支援アプリの設計と実装
    橋本雄太(京都大学・院)
  • くずし字・漢文草書の判読を兼ねるプログラムの必要性
    金時徳(ソウル大学)
  • ドイツにおける日本古典文学研究-新しい研究者の世代を育てるための前提条件-
    ユーディット・アロカイ(ハイデルベルク大学)
  • ケンブリッジ大学に於ける総合的な和本リテラシー教育
    ラウラ・モレッティ(ケンブリッジ大学)
  • デジタル・ヒューマニティーズと図書館の役割
    トッド・グラポーン(UCLA図書館)、バイアロック知子(UCLA図書館)
    *通訳:ダニエル・小林ベター(大阪大学・院)

総合討論

司会:飯倉洋一(大阪大学)

閉会の辞

今西祐一郎(国文学研究資料館 館長)

案内チラシ

その他のイベント情報

PageTop