ブノワ・グレヴァン氏講演会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年11月14日(火) 15:30~17:00
開催地
近畿 > 大阪府
会場
国立民族学博物館 本館2階 第3セミナー室[アクセス
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1 TEL 06-6876-2151(代表)
メインテーマ
公式サイト
主催
国立民族学博物館北東アジア地域研究拠点・現代中東地域研究拠点共催研究会
ダウンロード

プログラム 内容

講演題目:「言語学と魔術のはざまで:中世ヨーロッパ・中東・北東アジアをつなぐ漢字の「力」」
「BETTWEEN LINGUISTICS AND MAAGIC:THE ‘POWER’ OF CHINESE CHARACTERS LINKING MEDIEVAL EUROPE, MIDDLE EAST ADN NORTHEAST ASIA」

講師:ブノワ・グレヴァン氏  Benoît Grévin
〔フランス国立科学研究センター(CNRS)、研究ディレクター、西洋中世研究・パリユニット〕

なお、グレヴァン氏はメネストレル主催の若手研究セミナー《中世学のネットワークとツール》と、国際シンポジウム《中世における文化交流―対話から文化の生成へ―》でも、ご発表されます。どちらも要登録となっておりますので、参加ご希望の方は、までご連絡下さい。

開催場所:大和文華館(奈良県)
日時:2017年11月17日(金)~19日(日)

その他のイベント情報

PageTop