香雪美術館 所蔵品展2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香雪美術館は、朝日新聞社を創業した村山龍平が蒐集した日本・東洋の古美術品などを収蔵する美術館として昭和48(1973)年に開館しました。所蔵品は重要文化財18点をはじめ、絵画、書跡、仏教美術、茶道具から武具に至るまで幅広いジャンルです。
 香雪美術館の「香雪」は、村山龍平の号です。美術にも深い関心を寄せ、岡倉天心たちが主宰した美術専門誌「国華」の経営を引き受け、また実業家たちとの茶の湯の交流から近代の数寄者に名を連ね、茶道は藪内流を修めました。
 今回の所蔵品展では、「湖東焼 色絵花鳥文壷」や「青銅犠首饕餮虺龍文瓿」など、これまであまり公開する機会のなかった作品や「浄土曼荼羅」ほか、新たに寄贈された作品を中心に、香雪美術館の魅力を紹介します。

(香雪美術館ホームページより引用)

開催概要

会期
2016年1月23日(土) ~ 3月3日(木)
開催地
近畿 > 兵庫県
会場
香雪美術館[アクセス
〒658-0048 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1 TEL 078-841-0652
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:2月12日(金)
メインテーマ
公式サイト
http://www.kosetsu-museum.or.jp/exhibition/
主催
公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社
備考
観覧料:一般 700円、大高生 450円、中学生以下無料
ダウンロード

主な展示品

  • 木造 薬師如来立像(重要文化財、平安時代)
  • 木造 阿弥陀如来立像(鎌倉時代)
  • 木造 観音・勢至菩薩立像(重要美術品、中国・金時代)
  • 浄土曼荼羅図(鎌倉時代)
  • 普賢菩薩十羅刹女像(鎌倉時代)
  • 稚児大師像(重要文化財、鎌倉時代、前期)

※作品保護のため、一部展示替えを行います
前期:1月23日(土)~2月11日(木)
後期:2月13日(土)~3月3日(木)

案内チラシ

出品リスト

関連イベント

ギャラリートーク

会期中の毎週土曜日、14:00から学芸員によるギャラリートークを行います。
※ギャラリートークの聴講は無料ですが、別途展覧会の鑑賞券が必要です。

その他のイベント情報

PageTop