平成26年度 説話文学会12月例会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2014年12月13日(土) 13:30~17:10
開催地
近畿 > 奈良県
会場
奈良女子大学文学部 S棟2階235大講義室[アクセス
〒630-8506 奈良県奈良市北魚屋町西町
近鉄奈良駅より徒歩5分、JR奈良駅より市内循環バス「近鉄奈良駅前」下車5分
メインテーマ
講演&シンポジウム「南都・鬼・霊異記」
公式サイト
http://setsuwabungaku.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
主催
説話文学会
備考
入場自由・参加無料

プログラム 日程

委員会 [12:00~13:00] S棟2階227小講義室(お昼は各自ご用意ください)

受付開始 [13:00~] S棟2階235大講義室前

講演 [13:30~14:30]

開会挨拶・司会 千本英史氏(奈良女子大学)

後戸猿楽の鬼と荒神
松岡心平氏(東京大学大学院)

休憩・神道灌頂資料展観解説 [14:30~15:00]

伊藤聡氏(茨城大学)
鈴木英之氏(早稲田大学〈非〉)

シンポジウム [15:00~17:10]

[司会] 千本英史氏(奈良女子大学)

〈パネラーによる報告〉各25分

  • 『日本霊異記』と「鬼」の説話―中国仏教説話との比較―
    山口敦史氏(大東文化大学)
  • 「鬼」を語り記すことの意味―『日本霊異記』と内典・外典―
    河野貴美子氏(早稲田大学)
  • アジア東部における日本の「鬼神」―奈良・平安前期を中心に―
    吉田一彦氏(名古屋市立大学)

〈ディスカッション〉40分

閉会挨拶 学会代表・磯水絵氏(二松學舍大学教授)

懇親会 [17:30~19:30]

S棟1階大学ラウンジ(※仏教文学会と合同)

※当日受付。1人5,000円(学生・院生4,000円)。

関連イベントのご案内

  • 13日(土)~14日(日)午後、「西福寺神道灌頂」関係資料を特別展示いたします。奈良女子大学図書館2階フロア(参観自由、16時終了予定)。
  • 翌14日(日)は、仏教文学会12月例会です。井手町早朝散歩(9:00~13:00、参加費5,000円・定員40名・昼食弁当付)、シンポジウム「南山城と神道灌頂 井手町西福寺所蔵資料をめぐって」(13:00~17:00、入場自由・参加無料)を予定しています。
    詳細を見る

その他のイベント情報

PageTop