平成28年度春季 法隆寺秘宝展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 法隆寺が歩んできた1400年という歴史の中で、法隆寺の運営や維持管理、建物の建立や修理、宝物の制作や修復、信仰そして奉納や寄進など、法隆寺とかかわりのあった人びとの数は計り知れません。
 法隆寺の歴史とともに伝存した宝物には、全体的に見て極わずかではありますが、そういったかかわりのあった人物の名が残されております。また後世、歴史上において活躍した人物を讃えるため、あるいは礼拝の対象とするために制作されたものや、敢えてその人物と関連付けられたり、そのために新たに制作された宝物などもみられ、その陰には法隆寺を盛り上げ、また護り伝えるために勤めた寺僧達の智恵と苦労がうかがえます。
 今回は、そのような宝物と人物を通して、法隆寺が多くの人と歩んできた歴史の重みを実感することができればと考えております。

(法隆寺ホームページより引用)

開催概要

会期
2016年3月20日(日) ~ 6月30日(木)
開催地
近畿 > 奈良県
会場
法隆寺 大宝蔵殿[アクセス
〒636-0115 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1 TEL 0745-75-2555
JR「法隆寺」駅より徒歩約20分
JR「法隆寺」駅よりバス「法隆寺門前」行き、「法隆寺門前」下車
開館時間
9:00~16:30(入場は16:00まで)
無休
メインテーマ
宝物から見た「法隆寺の歴史と人物」
公式サイト
http://www.horyuji.or.jp/hihouten1.htm
主催
法隆寺
備考
拝観料:一般(中学生以上) 500円、小学生 250円
ダウンロード

展示品リスト

関連イベント

法隆寺 夢殿秘仏・救世観音菩薩立像特別開扉

東院伽藍の夢殿秘仏・救世観音菩薩立像(国宝)が特別開扉されます。飛鳥時代に造られた木像で、手に宝珠を持つお姿をされています。聖徳太子の御等身の像と伝えられ護持されてきました。

期間:2016年4月11日(月)~2016年5月18日(水)
時間:8:00~17:00
拝観料:東院伽藍・西院伽藍共通 中学生以上1500円、小学生750円

その他のイベント情報

PageTop