特別展「国宝 信貴山縁起絵巻」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全長合計35m越えの大迫力「信貴山縁起絵巻」。全三巻、全場面を全期間公開!

毘沙門天王の聖地として聖徳太子が創建したと伝えられる信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)。その篤い信仰のもとに制作された国宝 信貴山縁起絵巻は、日本三大絵巻の一つに数えられる平安絵画の名品として知られています。
本展覧会は、この人々を魅了してやまない国宝絵巻全三巻全場面をすべのて開基にわたり同時公開する史上初めての試みです。
さらに、朝護孫子寺伝来の名品の数々を通じて、信貴山毘沙門天王への信仰が生み出した造形の魅力にも迫ります。

開催概要

会期
2016年4月9日(土) ~ 5月22日(日)
開催地
近畿 > 奈良県
会場
奈良国立博物館 東新館・西新館[アクセス
〒630-8213 奈良市登大路町50番地
開館時間
9:30~17:00
※4月29日以降の毎週金曜日は19:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 ※ただし5月2日(月)は開館
メインテーマ
公式サイト
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shigisan/shigisan_index.html
主催
奈良国立博物館、総本山朝護孫子寺、読売新聞社
協賛・後援等
【後援】文化庁、東京藝術大学、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送
【協賛】岩谷産業、非破壊検査
【協力】信貴山観光協会、日本香堂、仏教美術協会
備考
観覧料金:一般 1,300円、高校・大学生 900円、小・中学生 500円
※この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます。
※なら仏像館は4月29日(金・祝)以降、観覧可能となります。
ダウンロード

出陳品

出陳品 約78件(うち国宝約8件、重要文化財約16件)

出陳品一覧

案内チラシ

関連イベント

公開講座

時間:13:30~15:00(13:00より講堂入口で入場券を配布します)
会場:奈良国立博物館 講堂
定員:194名
聴講無料(※入場に際し、観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート等をご提示ください)

4月23日(土)

「後白河法皇の信仰世界-神仏との交歓-」
横内裕人氏(京都府立大学准教授)

5月7日(土)

「信貴山縁起絵巻と朝護孫子寺の毘沙門天王信仰」
谷口耕生(奈良国立博物館 学芸部教育室長)

5月21日(土)

「信貴山縁起絵巻について」
梶谷亮治氏(奈良国立博物館 名誉館員)

朝護孫子寺による講話

時間:いずれの回も13:30~15:00(13:00に開場し入場券を配付します)
会場:奈良国立博物館 講堂
定員:194名(先着順)
聴講無料(※入場の際には本展の観覧券もしくはその半券、各国立博物館パスポート等をご提示ください)

4月22日(金)

「毘沙門天王信仰の欲と徳」
鈴木貴晶師(朝護孫子寺成福院貫主)

5月10日(火)

「信貴山の毘沙門天王」
田中眞瑞師(朝護孫子寺千手院貫主)

5月12日(木)

「福の神様 毘沙門天王」
野澤密孝師(朝護孫子寺玉蔵院貫主)

信貴山真華流によるいけばなの展示

本展会期中、奈良国立博物館西新館1階にて信貴山真華流による「いけばな」を展示します。(※ご覧いただくには、本展の観覧券が必要です。)

その他のイベント情報

PageTop