密教研究会 平成29年度学術大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
密教研究会 平成29年度学術大会

今年は、密教研究会が設立された大正7(1918)年から数えて100年目の記念すべき年に当たります。それを記念して、講師に高木評元先生(高野山大学名誉教授)を講師にお迎えし、記念講演「大師の真言教学の起点-『請来目録』の教学的意義-」も開催いたします。奮ってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

会期
2017年7月7日(金) ~ 7月8日(土)
開催地
近畿 > 和歌山県
会場
高野山大学[アクセス
〒648-0280 和歌山県伊都郡高野町高野山385 TEL 0736-56-2921(代)
メインテーマ
記念講演「大師の真言教学の起点-『請来目録』の教学的意義-」
公式サイト
主催
密教研究会
ダウンロード

プログラム 日程

7月7日(金)

午前の部 10:00~12:00

第1会場(高野山大学2F 第3会議室)
  • 空海の文章における「医薬の喩え」と「医療観」
    八木高秀(高野山大学密教文化研究所受託研究員)

  • 『諸阿闍梨真言密教部類總錄』の略称について
    趙新玲(高野山大学大学院博士後期課程)

  • 戦時期日本が見た大陸の「密教」一「満蒙」関連画像資料に見る話表象一
    高本康子(北海道大学スラプ・ユーラシア研究センター)

  • 初期密教における仏三尊の成立をめぐって
    磯部武男(高野山大学大学院修士課程修了)
第2会場(高野山大学2F 第2会議室)
  • 金剛乗における時輪教のヴァジラパーニについて
    静春樹(高野山大学密教文化研究所委託研究員)
  • 『一切秘密燈広註』に闊する一考察一著者ヤショーバドラをめぐって一
    大観慈聖(京都大学大学院修了)
  • 瑜伽行派における種姓の同義異語一『瑜伽師地論』を中心として―
    岡田英作(京都大学非常勤講師)
  • 『中観五蘊論』に説かれる有部説の帰属をめぐって-カシミール有部の説か、非カシミール有部の説か-
    横山剛(国際仏教学大学院大学特任研究員)

午後の部 13:00~17:00

第1会場(高野山大学2F 第3会臨室)
  • 空海漢詩文研究「秋日觀神泉苑」の制作時期等の検討
    中谷征充(商野山大学密教文化研究所受託研究員)
  • 天理人学附属天理図書館所蔵・教日師撰『授菩提心戒儀式』について
    大柴清圓(高野山大学密教文化研究所専任研究員)
  • 空海『秘蔵宝鑰』第六住心に見える典故表現
    南昌宏(高野山大学)

記念講演「大師の真言教学の起点-『請来目録』の教学的意義-」
講師:高木訷元先生(高野山大学名誉教授)
(聴講無料/どなたでも聴講していただけます)

総会 17:00~

会場:高野山大学2F 第3会議室

懇蜆会 18:00~

会場:大学ホール(大学食堂)
会費:3,000円(当日受付にてお支払ください。)

7月8日(土)

午前の部 10:00~12:00

第1会場(高野山大学2F 第3会議室)
  • 輝潭房鑁善が相承した神道について一御流神道を中心に一
    木下智雄(高野山大学大学院博士後期課程)
  • 『釈摩訶衍論自鈔』に説く無礙について
    沼野直子(高野山大学密教文化研究所受託研究員)
  • 『宗義決択集』巻4「無尽荘厳蔵Jにおける法身観と、その問題点
    高柳健太郎(高野山大学密教文化研究所受託研究員)
  • 中世期の真言密教学における五蔵曼荼羅の位置ー『駄都秘決鈔』の理解を中心に一
    亀山隆彦(龍谷大学世界仏教文化研究センター)
第2会場(高野山大学2F 第2会議室)
  • Guhyamanitilakaにおける女性尊格について
    徳重弘志(高野山大学非常勤講師)
  • Vajrapradipaに説かれるバリ儀礼
    松村幸彦(東北大学大学院専門研究員)
  • 蔵伝梵文写本流伝の歴史に関する一考察―13世紀梵文の手紙を手がかりとして一
    加納和雄(駒澤大学専任講師)

その他のイベント情報

PageTop