日本古文書学会大会・総会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2015年9月11日(金) ~ 9月13日(日)
開催地
中国 > 岡山県
会場
就実大学[アクセス
〒703-8516 岡山県岡山市中区西川原1-6-1
メインテーマ
公式サイト
http://komonjo.net/content/seminar.html
主催
日本古文書学会

プログラム 日程

9月12日(土)

公開講演 13:00~

会場:就実大学 S館102号教室

  • 「備前国西大寺縁起絵巻と西大寺文書」中世文書からみた明応年間の復興造営
    就実大学人文科学部教授 苅米一志氏
  • 縁起絵巻群の形成と保持
    就実大学人文科学部教授 川崎剛志氏

総会 16:00~

会場:就実大学 S館102号教室

懇親会 18:00~

会費:6,000円(当日受付)
会場:就実大学 V館地下カフェテリア「ルボア」

9月13日(日)

会場:就実大学 S館102号教室(岡山市)

研究発表 10:00~〔午前の部〕

  • 伊勢神宮庁宣の形態と機能
    比企貴之氏
  • 日蓮真筆文書の古筆学的考察
    小林正博氏
  • 中世東大寺の燈油関連組織
    -燈油目代・勧進所油倉・大仏殿燈油聖・大仏殿燈油納所-
    遠藤基郎氏
  • 中世的地域秩序の形成と再開発
    朝比奈新氏

研究発表 13:00~〔午後の部〕

  • 割符の流通と信用-技術としての中世手形文書-
    伊藤啓介氏
  • 明応の政変後の室町幕府と寺社勢力
    佐藤稜介氏
  • 戦国期の御料所経営にみる都鄙関係-桐野河内村公文高屋氏を素材に-
    吉永隆記氏
  • 天正四年洛中勧進史料の作成過程に関する基礎的考察
    長﨑健吾氏
  • 豊臣政権の城番制
    谷徹也氏
  • 伊勢御師の為替利用-「来田文書」に見る清須黒田屋-
    小林郁氏

※会員以外の方のご来場も歓迎します。
※会員以外の方は、12日の公開講演会の入場は無料ですが、13日の研究発表会は受付で参加費500円をお納めください。

9月11日(金)

文書見学会 13:00~

集合場所:岡山県立博物館講堂
参加費:750円 ※2日目の受付でお支払いください。

会場:岡山県立博物館(13:00~)・林原美術館(15:15~)
金山寺文書(「足利尊氏御教書」ほか)、石谷家文書などの見学
※見学会は、2日目・3日目参加の会員に限らせていただきます。

その他のイベント情報

PageTop