2018年度 第71回萬葉学会全国大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2018年10月27日(土) ~ 10月30日(火)
開催地
九州・沖縄 > 熊本県
会場
27日(土):熊本市国際交流会館ホール[アクセス
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4番18号 TEL 096-359-2020
28日(日):熊本県立大学中ホール[アクセス
〒862-8502 熊本市東区月出3丁目1番100号 TEL 096-383-2929
公式サイト
http://manyoug.jp/category/cat_con
主催
万葉学会
協賛・後援等
【共催】熊本県立大学日本語日本文学会
【後援】明治大学日本古代学研究所

プログラム 日程

公開講演会 10月27日(土)14:00~

会場:熊本市国際交流会館ホール

  • 出土木簡の「歌詞」と『日本書紀』歌謡
    明治大学名誉教授 吉村武彦氏
  • 遙かなる母語ー万葉ことばの意味世界ー
    京都大学名誉教授 内田賢徳氏

研究発表会 10月28日(日)10:00~16:50

会場:熊本県立大学中ホール

午前の部 10:00~

  • 『萬葉集』における音仮名と訓仮名―訓字との両用とその影響をめぐって―
    同志社大学大学院生 吉岡真由美氏
  • 上代文献における和漢混用語の取り扱い―「河上」「川上」の語義と用法をめぐって―
    清泉女学院中学高等学校非常勤講師 葛西太一氏
  • 助字から仮名へ―付属語表記とその様相について―
    九州共立大学講師 鈴木喬氏

午後の部 13:15~

  • 『常陸国風土記』輔時臥之山条の山名
    京都大学附属図書館 衛藤恵理香氏
  • 仁徳記の述作―八田若郎女・女鳥王伝承を中心として―
    大阪市立大学文学研究科都市文化研究センター研究員 岡田高志氏
  • 萬葉挽歌における死別表現
    筑波大学大学院生・日本学術振興会特別研究員 茂野智大氏
  • 万葉歌の異伝の性質について
    関西大学教授 村田右富実氏
    電気通信大学准教授 川野秀一氏

臨地調査研究-古代肥後の海山を訪ねて-

10月29日(月)~30日(火)1泊2日

その他のイベント情報

PageTop