企画展「お釈迦さまと羅漢さん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 およそ2500年前に「悟り」を開いたお釈迦さま。そのおしえである仏教は、様々な悩みや苦しみから人々を救い、心の平安を求めるものです。ここ日本には、およそ1500年前に仏教が伝わりました。仏教では多くの仏さまが説かれますが、中でもお釈迦さまは時代をこえて人々に篤く信仰され続けています。
 お釈迦さまのまわりには、様々な仏さまや弟子たちがいます。その姿は時に威厳に満ちあふれた神々しい姿で、また時に親しみやすく優しい姿で表されてきました。ここ大分県でも、いろいろなお釈迦さまや弟子たちの絵画・彫刻がみられます。中でも中津市本耶馬渓町の羅漢寺石造仏群が、平成26年8月に国の重要文化財に指定されました。
 今回の展示では、お釈迦さまとお釈迦さまをとりまく仏さま、羅漢さんをはじめとした個性豊かな仏弟子たちの姿を紹介し、あわせて羅漢寺を中心とする地域の文化をみつめます。

(大分県立歴史博物館ホームページより引用)

開催概要

会期
2015年12月22日(火) ~ 2月14日(日)
開催地
九州・沖縄 > 大分県
会場
大分県立歴史博物館 企画展示室[アクセス
〒872-0101 大分県宇佐市大字高森字京塚 TEL 0978-37-2100
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は、その直後の平日)、年末年始(12月28日~1月4日)
メインテーマ
公式サイト
http://kyouiku.oita-ed.jp/rekisihakubutukan-b/2015/12/27-4.html
主催
大分県立歴史博物館
協賛・後援等
【共催】中津市・中津市教育委員会
【後援】大分合同新聞社
備考
観覧料:一般 310円、高・大学生 150円、中学生以下無料
※土曜日の高校生の観覧は無料です。
ダウンロード

主要展示品

  • 高原一柳筆 釈迦降誕図/西光寺(国東市)国東市指定文化財
  • 仏涅槃図/大楽寺(宇佐市)大分県指定文化財
  • 文殊菩薩像/長流寺(杵築市)
  • 岡熊岳筆 釈迦涅槃十大弟子図/自性寺大雅堂(中津市)
  • 石造五百羅漢像[パネル展示]/羅漢寺(中津市)国指定重要文化財

※会期中一部展示替えを行います。

関連イベント

ギャラリートーク

学芸員が作品の解説を行いながら、質問などにもお答えします。
日時:2016年1月8日(金)、1月22日(金)、2月5日(金)
いずれも13:30~14:30
会場:大分県立歴史博物館 企画展示室
講師:髙宮なつ美(大分県立歴史博物館 学芸員)

企画展案内チラシ

その他のイベント情報

PageTop