第5回 寺院資料調査研究報告「経蔵再生―覚城院聖教とその魅力―」

第5回 寺院資料調査研究報告「経蔵再生―覚城院聖教とその魅力―」

 経蔵調査とは何か。新たな文化財を見つけることでも、研究資料を漁ることでも、旧態を復旧することでもない。我々が目指すのは、混沌とした状態で死蔵されている歴史遺産を現代に蘇らせ、活用可能な状態にして次世代に引き継ぐことである。この理念の元、今回は、多くの学僧の学び舎であった讃岐七談義所の一つ覚城院の経蔵整理作業の過程から浮上した知見について報告する。

本報告会は、オンラインミーティングツールZoomを使用しての開催となります。→参加方法を確認する

開催概要

会期
2020年12月13日(日) 13:00~18:50
開催地
オンライン開催
会場
ZOOMによるオンライン開催
※ホスト会場は大阪大学豊中キャンパス(関係者のみ来場可能)
メインテーマ
「経蔵再生―覚城院聖教とその魅力―」
公式サイト
https://jarsa.jp/jishiken202012
主催
科学研究費補助金 基盤研究(A)「地方基幹寺院に於ける文献資料調査と経蔵ネットワークの研究」(研究代表者:中山一麿/課題番号:19H00529)
備考
事前申込不要、参加無料、一般聴講歓迎
ダウンロード

プログラム 内容

趣旨説明 中山一麿(大阪大学 招へい研究員)

  • 古文書の修復―覚城院中世聖教を中心に―
    吉田裕志・谷奈智子(有限会社墨仙堂)
  • 空観房如実と賀茂流について―覚城院蔵『結縁灌頂丹州巌辺寺記』をめぐって―
    伊藤聡(茨城大学 教授)
  • 近世地方寺院の諸相-覚城院と地域社会
    (近世地方寺院と地域社会-讃岐覚城院・阿波東光寺を中心に-)
    須藤茂樹(四国大学 教授)
  • 覚城院と近世仁尾浦の宗教秩序―仁尾賀茂神社との関係を中心に―
    大田壮一郎(立命館大学 教授)
  • 奈良文化財研究所所蔵『覚城院・萩原寺等関係中世聖教類』について
    ―覚城院資料の調査・研究における可能性を中心に―
    橘悠太(奈良文化財研究所 文化遺産部歴史研究室アソシエイトフェロー)

参加方法のご案内

下記についてご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。

Zoom環境をご準備ください

ご参加にあたっては、ZoomアプリをPCにインストールしてください。※スマートフォンやタブレットでも視聴可能ですが、資料の画面共有などを行いますのでPCでの視聴をお勧めいたします。
ZoomアプリはZoomの公式サイトからダウンロードいただけます。視聴のみであれば、Zoomのアカウント登録は必要ありません。

ご参加にあたっての注意事項

  • ミーティングに参加する際のお名前は、『 氏名(所属)』のように入力してください。
  • 音声はミュートにしてご参加ください。なおホスト側で参加者の音声・ビデオ画面のオン/オフを操作することがあります。予めご了承ください。
  • 質疑応答はZoomの「手を挙げる」機能を使用して行います。司会者から指名された方は、マイクをオンにして発言してください。
  • 参加用URLやミーティングID、パスワード等の他言・転載はご遠慮ください。
  • 本報告会の録音・録画・撮影(スクリーンショットなど)を禁じます。
  • 本報告会の進行に支障が生じた場合は司会者の指示に従ってください。

緊急時の対応について

ミーティングが開催されない、あるいはミーティング中断後に再開されないなどの不測の事態が生じた際には、本ページにその旨を示し、代替ミーティング情報等をできるだけ速やかに掲示いたします。

※お問い合わせ:

その他のイベント情報

PageTop