国際シンポジウム「近代書壇の誕生 ―東アジア三地域の比較から―」

国際シンポジウム「近代書壇の誕生 ―東アジア三地域の比較から―」

 書壇と称される書家たちのつながりは、それぞれの書家たちが結成・所属した種々の組織・団体を基盤とするところがあります。近代になると、書家たちは多岐にわたる組織・団体を活発に設立させますが、その動向は日本のみならず朝鮮や中国にも顕著で、地域によって独自色がうかがわれます。
 このシンポジウムは、2018年に開催いたしましたシンポジウム「近代東アジアの書壇」の続弾として企画したもので、国立故宮博物院(台北市)の陳建志氏、国立中央博物館(ソウル市)の金昇翼氏の基調講演に加え、プロジェクトメンバー5名の研究発表と討議で構成いたしました。
 今回は、前回のシンポジウムを踏まえつつ、近代に誕生した書壇そのものの研究に加え、それを生み出す背景にも留意しつつ、日本・朝鮮・中国の三地域における書壇形成のあり方を眺望しようと思います。

開催概要

会期
2021年8月21日(土) 10:00~16:30
開催地
オンライン開催
会場
zoomによるオンライン開催
※発表には日本語・韓国語・中国語それぞれの通訳があります。
公式サイト
主催
近代東アジア書壇研究プロジェクト(代表者 菅野智明 日本学術振興会科学研究費助成事業 課題番号17H02291)
備考
参加無料・要事前申込
ダウンロード

プログラム 内容

研究発表 10時~12時 

  • 清末民初における書画社団の規約について
    髙橋佑太(筑波大学准教授)
  • 近代日本人書家の朝鮮書芸との邂逅
    金 貴粉(津田塾大学研究員)
  • 大阪市立美術館蔵「天発神讖碑」の一考察
    下田章平(相模女子大学准教授)
  • 大字仮名表現における安東聖空と正筆会の役割
    髙橋利郎(大東文化大学教授)
  • 中村不折と高村光太郎に見る六朝書道
    矢野千載(盛岡大学教授)

基調講演 13時~15時

  • 曾熙と向燊(1905-1929)
    陳建志 氏(国立故宮博物院助理研究員)
  • 韓国近代書画壇の形成と書画家たちの実相
    金昇翼 氏(国立中央博物館学芸研究士)

討議 15時15分~16時30分

司会:菅野智明(筑波大学教授)

申込方法

8月14日(土)までに、以下のURLよりお申込みください。無料でどなたでもご参加いただけます。 https://forms.office.com/r/xhWGAuQVfF

問い合わせ先

〒305-8574 つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術系 菅野智明研究室
TEL/FAX 029-853-2715

その他のイベント情報

PageTop