日本社会文学会 2017年度秋季米沢大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年11月4日(土) ~ 11月5日(日)
開催地
北海道・東北 > 山形県
会場
山形県立米沢女子短期大学 C号館201教室[アクセス
〒992-0025 山形県米沢市通町6-15-1
メインテーマ
歴史と格闘する文学
公式サイト
http://ajsl.web.fc2.com/meeting-next.html
主催
日本社会文学会
協賛・後援等
【後援】山形県立米沢女子短期大学
備考
一般参加歓迎・入場無料

プログラム 日程

11月4日 午前 10:30~12:30

開会の挨拶

馬場重行(山形県立米沢女子短期大学副学長)

研究発表

  • 後藤彰信
    文学におけるアナ・ボル論争-思想史からのアプローチ-
  • 神村和美
    「反覆されないもの」を求めて-久保栄『火山灰地』におけるメディア表象を中心に-
  • 本庄豊
    島田利夫『夜どおしいっぱい』と1950年代群馬の社会運動

11月4日 午後 13:30~17:00(途中休憩有)

シンポジウム「井上ひさしと戦後」

パネリスト:
川本三郎(評論家)※1時間ほどの講演
阿部由香子(共立女子大学教授・演劇)
成田龍一(日本女子大学教授・日本史)
コーディネイター・司会:馬場重行(山形県立米沢女子短期大学教授)

閉会の挨拶

日本社会文学会代表理事

懇親会

米沢市内ホテル 18:30~20:30

11月5日 文学散歩 8:30~16:30

遅筆堂文庫(井上ひさし)→藤沢周平記念館→鶴岡物産館(昼食・土産買い)→高山樗牛関係跡地→田沢稲舟関係跡地ほか→JR山形駅(解散)
*バス使用。時間的な関係により、地域の変更もあります。

その他のイベント情報

PageTop