2016年度歴史学研究会大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年5月28日(土) ~ 5月29日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
明治大学駿河台キャンパス[アクセス
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
メインテーマ
公式サイト
http://rekiken.jp/annual_meetings/2016.html
主催
歴史学研究会
備考
会場整理費:一般1,800円、会員1,500円、学生(修士課程まで)1,000円。両日とも参加できます。(事前申込不要)

プログラム 日程

第1日 5月28日(土)

全体会 13:00~17:30

人の移動と性をめぐる権力

  • 初期イスラーム時代の奴隷女性と境域の拡大
    清水和裕
  • 「からゆきさん」における移動の経験と性の権力
    嶽本新奈
  • アメリカ合衆国への移民の流入と人種・性規範の構築
    松本悠子

コメント:松井洋子

第2日 5月29日(日)

9:30~17:30(古代史部会10:00~17:30、特設部会11:00~14:00)

古代史部会 日本古代における支配の変質

  • 摂関期の政治と国家
    今正秀

コメント:中大輔・神谷正昌

中世史部会 移行期の社会と富・貨幣

  • 中世成立期の社会編成と富の生成・分配の構造
    守田逸人
  • 15~17世紀海域アジアの交流と日本の貨幣
    川戸貴史

近世史部会 近世日本の「開国」と政治・社会-新たな国家像の模索-

  • 幕末外交と日本近海測量
    後藤敦史
  • 「開国」と国学的世界観
    三ツ松誠

近代史部会 大戦間期における社会意識の変容―人びとにとっての科学と文化-

  • 戦間期アメリカ合衆国における優生学と大衆文化
    小野直子
  • デモクラシー・モダニズム・ファシズムと日本の音楽文化
    上田誠二

コメント:松原宏之・高岡裕之

現代史部会 軍事・社会空間の形成と変容-米軍との「接触」を中心に-

  • 戦後日米関係史断章-行政協定/地位協定という接触面-
    明田川融
  • 1990年代のグアムにおける米軍用地問題とチャモロ・ナショナリズム
    長島怜央

コメント:木戸衛一・ロメロ イサミ

合同部会  3-8世紀における地中海世界を中心とした政治的コミュニケーションの断絶と継受

  • クルスス・プブリクスとポイティンガー図-後期ローマ帝国時代の街道とその図示-
    南雲泰輔
  • カロリング期の政治的コミュニケーションにおける書簡の機能について
    菊地重仁
  • 初期イスラーム時代における政治的コミュニケーションの構造とその変化
    亀谷学

特設部会 歴史研究の成果を社会にどう伝えるのか-「社会的要請」と歴史学-

  • メディアと歴史学-『週刊金曜日』編集の現場から-
    片岡伸行
  • 学術出版と歴史学-書籍編集者の立場から-
    吉田浩一
  • 歴史研究の可視化・高度化-国立歴史民俗博物館の実践と人間文化研究機構の計画-
    平川南

その他のイベント情報

PageTop