日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別展「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」

左足を踏み下げ、右足をその膝の上に組んで坐り、右手を頬に添えて思案する仏像を半跏思惟像(はんかしゆいぞう)といいます。このような坐り方を半跏といい、物思いにふける(思惟)ことがその名の由来です。

半跏思惟像は、仏教の母国・インドにはじまり、中国、朝鮮半島、日本へと伝わりました。日本や朝鮮半島では6世紀から8世紀の間に多くの像がつくられ、そのなかには古代仏教彫刻の傑作といわれる仏像があります。奈良県の中宮寺門跡(ちゅうぐうじもんぜき)に伝わる国宝の半跏思惟像はその一つで、優しく微笑む顔は誰もが知るところです。また、韓国国立中央博物館所蔵の銅製の半跏思惟像は、国宝78号像として広く親しまれています。日本と韓国に同じ姿の優れた仏像が残るのは、両国の古代から続く交流の深さを物語るといえましょう。
本展は、日本と韓国の仏像の美を堪能するまたとない機会です。

(東京国立博物館ホームページより引用)

開催概要

会期
2016年6月21日(火) ~ 7月10日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
東京国立博物館 本館特別5室(上野公園)[アクセス
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9 TEL 03‐5777‐8600(ハローダイヤル)
開館時間
9:30~20:00(入館は閉館の30分前まで)
※6月21日(火)は17:00まで
会期中無休
メインテーマ
公式サイト
http://hankashiyui2016.jp/
主催
日韓半跏思惟像展示実行委員会、東京国立博物館、韓国国立中央博物館、NHK
協賛・後援等
【後援】外務省、文化庁
備考
拝観料金:一 般1,000円、大学生700円、高校生400円、中学生以下無料

その他のイベント情報

PageTop