史料保存利用問題シンポジウム「地域史料の保存利用と公文書管理の在り方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年6月24日(土) 13:30~17:30
開催地
関東 > 東京都
会場
駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館1-204教場[アクセス
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
東急田園都市線「駒沢大学」駅下車、「駒沢公園口」出口から徒歩約10分
メインテーマ
公式サイト
主催
日本歴史学協会、日本学術会議史学委員会
協賛・後援等
【後援】全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、日本アーカイブズ学会
備考
事前申込不要・入場料無料
ダウンロード

プログラム 内容

開会挨拶

高埜利彦(学習院大学教授 日本学術会議会員)

報告

  • 自治体文書館のあゆみと地域史料保存-広島県立文書館の場合-
    西向宏介(広島県立文書館主任研究員)
  • 神奈川県立公文書館の現状と課題-全量選別と人員配置を中心に-
    上田良知(神奈川県立公文書館非常勤職員)
  • 地域史料の保存利用と資料ネット-千葉歴史・自然資料救済ネットワークの活動を通して-
    小関悠一郎(千葉大学教育学部准教授)

コメント: 若尾政希(一橋大学教授 日本学術会議連携会員)

閉会挨拶

木村茂光(日本歴史学協会会長 日本学術会議連携会員)

その他のイベント情報

PageTop