企画展「はじめての古美術鑑賞-紙の装飾-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企画展「はじめての古美術鑑賞-紙の装飾-」

 日本の古美術はなんとなく敷居が高いという声に応えて企画した「はじめての古美術鑑賞」シリーズ。2回目の今年は、「読めない」という理由から敬遠されがちな書の作品にアプローチする一つの方法として、書を書くための紙、すなわち料紙の装飾に注目しました。
 華麗な色や金銀あるいは雲母によるさまざまな装飾技法を、当館コレクションの作品を中心にやさしく解説するとともに、絵画に取り込まれた例もご覧いただきます。
 この展覧会が、書の作品に親しく接する機会となり、さらにはより深い古美術鑑賞への足がかりとなれば幸いです。

開催概要

会期
2017年5月25日(木) ~ 7月2日(日)
開催地
関東 > 東京都
会場
根津美術館 展示室1・2
〒107-0062 東京都港区南青山6丁目5-1
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日
メインテーマ
公式サイト
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
主催
根津美術館
備考
入場料:一般 1100円、大学生・高校生
800円、中学生以下 無料
ダウンロード

その他のイベント情報

PageTop