第60回歴史地理学会大会・総会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2017年6月17日(土) ~ 6月19日(月)
開催地
東海 > 愛知県
会場
愛知教育大学[アクセス
〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
・名鉄「知立」駅より名鉄バス(愛知教育大学前行・日進駅行・イオン三好店アイモール前行)で約20分「愛知教育大学前」バス停下車
・名鉄「日進」駅より名鉄バス(知立駅行)で約25分「愛知教育大学前」バス停下車
・JR「刈谷」駅より名鉄バス(愛知教育大前行)で約35分「愛知教育大学前」バス停下車
メインテーマ
海からの歴史地理
公式サイト
http://hist-geo.jp/histricalgeo/histry/database/2017/60_tai.htm
主催
歴史地理学会
協賛・後援等
【共催】愛知教育大学地理学会

趣旨

 我が国は海に囲まれた島国であり、その歴史は海からの影響を強く受けてきた。海は交通の障壁となる一方で、国内外の人々や物の移動の交通路として機能し、国内外の人・物の交流の重要な媒体となってきた。また、海は生業の場として人々に水産物の恵みをもたらす反面、津波などの災いをもたらす存在でもあった。これらの過去の海と人々との関わりの実態を解明することは、そのこと自体の意義にとどまらず、これまでに蓄積されてきた「陸地の」歴史地理学の成果を捉え返す契機にもなるであろう。さらに、地図に描かれた海に対する人々の認識、逆に海からみた陸地のイメージなど、歴史地理学においては興味深く、かつ重要な課題も少なくない。このような海と人々との多様な関わりについて、国際交流の歴史を含めて、歴史地理学の観点から多角的な議論を喚起したい。なお、共同課題の対象は日本に限るものではない。

プログラム 日程

6月17日(土)

午前 研究発表〔自由論題・共同課題〕
午後 評議員会・総会・第60回記念公開講演会・懇親会

6月18日(日)

研究発表〔自由論題・共同課題〕

6月19日(月)

巡検(安城・岡崎方面を見学予定)

その他のイベント情報

PageTop