2016年度 第67回佛教史学会 学術大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

会期
2016年12月3日(土) 10:00~17:10
開催地
近畿 > 京都府
会場
大谷大学[アクセス
〒603-8143 京都市北区小山上総町 TEL 075-432-3131(代表)
京都市営地下烏丸線「北大路駅」下車 6番出口すぐ
市バス「北大路バスターミナル」下車
メインテーマ
公式サイト
http://bukkyoshigaku.jp/wordpress/archives/taikai/1636/
主催
仏教史学会
備考
参加費:500円
ダウンロード

プログラム 内容

【東洋部会】〔於:響流館3階マルチメディア演習室〕

研究報告 10:00~12:00

  • インド・チベット中観派における縁起説の展開-ナーガールジュナからチャンキャ・ロルペードルジェまで-
    古角武睦(佛教大学)
  • 隋代礼敬問題考
    今西智久(大谷大学)
  • 高僧と護法神
    大島幸代(香雪美術館)

【日本部会】〔於:響流館3階メディアホール〕

研究報告 10:00~12:00

  • 秀吉と日吉社・延暦寺復興勧進
    工藤克洋(工藤克洋)
  • 中世南都の神仏習合と伊勢信仰
    舩田淳一(金城学院大学)
  • 新旧公益法人制度と近現代の仏教界
    大澤広嗣(文化庁)

【合同部会】〔於:響流館3階メディアホール〕

研究報告 13:00~17:10

  • 「宗政家」としての常盤大定-東京帝国大学退官後の活動に注目して
    渡辺健哉(東北大学)
  • 新地建立禁令をめぐって
    朴澤直秀(日本大学)
  • 則天武后の佛経讖と末法思想
    手島一真(立正大学)
  • 因果応報教理の意義と射程
    曾根正人(就実大学)

総会 17:20~17:50

会場:響流館3階メディアホール

懇親会 18:00~19:30

会場:講堂棟地階 学生食堂
会費:5,000円

その他のイベント情報

PageTop