三重・奈良・島根連携「記紀神話シンポジウム-伊勢・大和・出雲の本質を探る-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記紀ゆかりの三県。その本質と魅力とは。

 伊勢神宮、出雲大社に祀られる神々やその子孫は、古事記や日本書紀に描かれ、その記紀が編纂されたのは奈良県の大和であり、また、天照大神は倭姫命の案内で大和から伊勢まで巡幸し鎮座されました。
 こうしたご縁から、この度、三重、奈良、島根の三県が連携して、大阪歴史博物館で、伊勢、大和、出雲の本質と魅力に迫っていただく「記紀神話シンポジウム」を開催します。

開催概要

会期
2015年11月7日(土) 13:30~16:00
開催地
近畿 > 大阪府
会場
大阪歴史博物館 4F 講堂[アクセス
〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32 TEL 06-6946-5728
メインテーマ
公式サイト
https://www.kankomie.or.jp/miecp/symp/index.html
主催
三重県観光キャンペーン推進協議会
協賛・後援等
【共催】三重県・奈良県・島根県
備考
参加費:無料
定員:250名(先着順)※事前申込が必要です。
ダウンロード

プログラム 内容

開場 13:00~

主催者挨拶 13:30~13:35

三重県雇用経済部観光局 局長 田中功

基調講演 13:35~14:15

演題:「現代人と神話の魅力-私たちはなぜ『かみがたり』を探求するのか-」
講師:櫻井治男氏(皇學館大学 文学部 特別教授)

トークセッション 14:30~16:00

テーマ:「記紀神話の魅力-伊勢・大和・出雲の本質を探る-」

スピーカー:
櫻井治男氏(皇學館大学 文学部 特別教授)【三重県】
米川仁一氏(奈良県立橿原考古学研究所 調査部調査課 総括研究員)【奈良県】
錦田剛志氏(万九千神社 宮司、島根県神社庁 参与)【島根県】

コーディネーター:千種 清美 氏(文筆家、皇學館大学 非常勤講師)【三重県】

案内チラシ

お問い合わせ・参加申込先

三重県観光局観光政策課(三重県観光キャンペーン推進協議会事務局)
TEL:059-224-2077(平日8:30~17:15) Email:kanko@pref.mie.jp

その他のイベント情報

PageTop